製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

クラウド製造実行システム(MES)のメリット・デメリット

公開日:2021/02/01

製造実行システム(MES)は、システムの提供形態によって、大きくクラウド型とオンプレミス型に分けられます。これらにはそれぞれメリット・デメリットが存在するため、製造実行システム(MES)の導入を検討する際はそれぞれの特徴を理解しておく必要があるでしょう。この記事では、クラウド型の製造実行システム(MES)について解説していきます。

クラウド製造実行システム(MES)のメリット

クラウド製造実行システム(MES)のメリットとしてまず挙げられるのは、オンプレミス型と比較してイニシャルコストをおさえられることです。ベンダーが所有するサーバーにインストールされたシステムを使うクラウド型は、自社でサーバーなどを構築したりソフトウェアをインストールしたりする必要がありません。そのため、オンプレミス型と比べると安価に導入できるのです。また、導入する際に工事やソフトウェアのインストールといった作業が不要なので、スピーディに導入できるのもメリットといえるでしょう。

さらに、常に最新のバージョンを利用できるのもクラウド型のメリットの1つです。オンプレミス型の場合、バージョンアップは自社で行う必要があり、定期的なメンテナンスを実施する必要もあります。しかし、クラウド型の場合はベンダーがシステム運用を行ってくれるので、バージョンアップやメンテナンスの手間がかかりません。

加えて、ベンダーがシステム運用をすべて行ってくれるため、システム運用を行う専属のIT担当者を用意する必要がないというメリットもあります。とくに中小企業においては、社員の1人がメインとなる業務を行いつつ、IT業務をこなしているケースも少なくありません。しかし、クラウド型のシステムであれば担当者の負担を軽減して、本来の業務に集中させることが可能でしょう。近年、製造実行システム(MES)に限らず、あらゆるシステムやサービスのクラウド化が進んでいるのは、このようなメリットがあるためです。

ラウド製造実行システム(MES)のデメリット

クラウド製造実行システム(MES)にはさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。まず挙げられるのは、オンプレミス型と比べてカスタマイズ性が劣ることです。オンプレミス型の場合、1からシステムを構築していきます。そのため、自社に最適なカスタマイズを行えるというメリットが考えられるでしょう。

しかしクラウド型の場合は、ベンダーが提供するプランの中から最適なものを選択するという方式になっています。オプションなどでカスタマイズできるシステムも多数あるため、ある程度は柔軟に対応できるでしょう。しかし、細かなカスタマイズが可能なオンプレミス型とは異なり、既存の業務プロセスを変更せずに導入するのは難しいと考えておいてください。

また、自社でセキュリティ対策を講じることができないのもデメリットといえます。ベンダーが所有・管理するサーバーを利用することになるため、ベンダーのサーバーに不正アクセスなどがあった場合は、情報漏洩につながる恐れがあるのです。

ただし、セキュリティ性が高いシステムを選ぶことができれば、自社でセキュリティ対策を講じるよりも安全に利用することも可能でしょう。そのため、導入を検討する際は、各システムにどのようなセキュリティ対策が施されているのかを充分に確認して、セキュリティ性が高いシステムを選ぶことが重要です。また、万が一不正アクセスや情報漏洩が起きたときに、どのような対応をするのかについても必ずチェックしておきましょう。

自社に最適なクラウド製造実行システム(MES)を導入しよう

近年、数多くのシステムやサービスでクラウド化が急速に進んでいますが、必ずしもクラウド型がよいとは限りません。製造実行システム(MES)も例外ではなく、場合によってはオンプレミス型が適している企業もあります。

たとえば、イニシャルコストだけを見れば、オンプレミス型よりもクラウド型の方が優れているため、導入コストをおさえたい企業にはクラウド型が適しているといえるでしょう。しかし、クラウド製造実行システムの料金体系は、利用人数ごとの月額課金制となっていることが多いようです。

利用人数が多い場合や長期的な利用となった場合、トータルでのコストがオンプレミス型よりも高くなる恐れがあります。そのため、イニシャルコストだけに注目するのではなく、企業規模や利用期間などを念頭に置いて、どちらの方がトータルでのコストをおさえられるのかを判断することが重要です。

また、既に社内で運用している他のシステムとの連携を図りたい場合も、オンプレミス型の方が柔軟に対応できます。加えて、オンプレミス型であれば既存の業務システムに合わせたシステム構築ができるため、製造実行システム(MES)を導入することで生じる業務プロセスの変更を最小限に留めることが可能です。このように、オンプレミス型とクラウド型を比較した際に、オンプレミス型の方が優れている部分も多数あるので、それぞれの特徴について充分に理解して比較検討した上で、どちらが最適なのかを判断することが大切です。

 

クラウド製造実行システム(MES)は、イニシャルコストをおさえられるなどさまざまなメリットがありますが、同時にカスタマイズ性が低いといったデメリットも存在します。場合によってはオンプレミス型が適しているケースもあるため、製造実行システム(MES)の導入を検討する際は、それぞれのメリット・デメリットを充分に理解した上で、システムの選定を進めることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく