製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)を導入する流れ

公開日:2021/02/01

製造実行システム(MES)は、製造業の生産管理を行う上で重要なシステムです。生産管理システムと混同してしまう人も多いようですが、各生産工程を管理するシステムとして、重要な役割を果たしています。本記事では、製造実行システム(MES)の導入方法などについて紹介します。

製造実行システム(MES)導入について

ここでは、製造実行システム(MES)の導入について説明します。製造業の場合、製造実行システムを取り入れることは一般的な考えでしょう。しかし、実際にはすべての企業が製造実行システムを導入しているわけではありません。調査によると、組立製造業の中小企業の7割(年間売上高5億円未満)が導入していないという結果もあります。また調査結果によると、年間売上高が50~100億円未満の企業でも50%しか導入していないと報告されているようです。

このようなシステムが導入されていない分野では、生産状況の可視化と作業負荷の平均化が非常に難しい問題になるでしょう。たとえば、生産が1つの部門に集中していて稼働時間が長い場合、他部門の作業負荷は正常であるため、作業を平均化することはできません。これが当然のこととなると、生産性が低下するだけでなく、スタッフの不満にもつながってしまうでしょう。

このような事態が発生しないように、生産管理システムと製造実行システムを組み込んで業務を可視化することで、業務の平均化が可能になります。そのため、本来あれば中小企業の多い日本では、導入するべきシステムといえるのです。さらに、将来のIT化の流れに対応するためにも、過去のデータの蓄積を活かして効率のよい製造ラインなどを維持する必要があります。導入には専門の会社のソフトウェアやセンサが必要なので、ホームページで確認したりスタッフに相談したりすることが大切です。

製造実行システム(MES)を導入のメリット

ここでは、製造実行システム(MES)を導入のメリットを紹介します。1つのプロセスの開始から完了までの時間は「リードタイム」と呼ばれ、リードタイムは各製造プロセスに存在しているものです。これを短くすることで生産性を向上させ、スピード感のある製造環境を作り出すことができます。

しかし、リードタイムの短縮は容易なことではありません。とくに購買など外界との関わりのある分野では、リードタイムの管理がさらに難しくなります。そのため、製造実行システムを導入すれば、生産計画をサプライヤーの企業などと共有したり、サプライヤーから受注したりすることも可能になり、購買リードタイムを短縮できるのです。

製造実行システム(MES)を導入する流れは、過剰在庫の防止と在庫の最適化も可能とします。生産においては、基準を超える在庫を抱える過剰在庫や基準を下回る在庫不足は不利になるのです。そのため、利益率の低下やビジネスチャンスの喪失などの大きなデメリットにつながる可能性があります。そのため、生産管理システムに在庫管理システムがあれば、購買管理や販売管理などの現場状況をリアルタイムで確認可能です。それによって、適切な在庫を確保できるでしょう。

不良品の生産数に対する比率を下げることは、利益率を向上させるための重要なポイントです。不良率は一般的に数%程度ですが、製品によってはさらに下げることが必要とされています。

製造実行システム(MES)を導入するポイントとは

ここでは、製造実行システム(MES)を導入する流れについて説明します。まず、導入にはビジネススタイルに合ったシステムを選択してください。製造業にはさまざまな種類があります。たとえば、食品・木製品・プラスチック製品があり、製造実行システムに必要な機能は種類によって異なります。そのため、ビジネススタイルに合ったシステムを選択することが重要であり、業種によっては必要な機能を備えたシステムもあるようです。

インストールするシステムがわからない場合は、業種に応じてパッケージ化されたシステムから選択し、本当に必要な機能を備えたシステムを検討してください。そもそも、なぜ製造実行システムを導入したいのかを明確にするために、まず生産上の課題を取り上げる必要があります。そして、どのような対策や解決策を考え、企業として組織化していくかが重要でしょう。製造実行システムの導入だけでは解決できない問題もあるかもしれません。

また、製造実行システムは種類が豊富であるため、必要な機能を正確に把握し、自社に適したシステムを選択することが重要なのです。企業によっては、この段階でコンサルティングを依頼することもあるといわれています。

製造方法に合ったシステムを選択することも重要でしょう。製造業には、受注生産・受注生産・個別生産など、さまざまな生産方法があります。そのため、それらの生産方法をサポートするシステムを利用することは重要です。製造会社によっては、製品によって製造方法が異なる場合があるでしょう。したがって、システムが複数の製造方法に対応しているかどうか、および製造方法に適しているかどうかを事前に確認する必要があります。

 

製造実行システム(MES)を導入する流れについて説明してきました。ここまで説明したように、なぜ製造実行システム(MES)を導入するのかを考えることが非常に重要になってきます。そこまで考えることによって、システム以外の問題点や効率化の方法を発見できるからです。まずは、ホームページなどでシステムの詳細を確認してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく