製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

生産スケジューラと製造実行システムの違いとは?それぞれのメリット

公開日:2021/12/15


製造業において生産計画は、重要な役割を担っています。しかし、どのような手法で行っているのかが肝になっていて、単なるエクセルだと精度が低くなってしまいます。精度の高い生産管理を行うなら、生産スケジューラが最適なのです。一体、生産スケジューラとはどのようなシステムなのか、製造実行システムとの違いなど、詳しく解説します。

生産スケジューラとは

生産スケジューラとは、詳しい生産日程を立案してくれるシステムのことで、「日時・設備・機械・工具・作業員」などを割り当てる機能もあります。単純にイメージすれば、シフト表が近いかも知れません。エクセルなどを使って組むこともありますが、複雑なことはできませんし、変更がでれば日程変更などの作業が大変になってきます。そこで、精度の高い生産計画を立案してくれる「生産スケジューラ」が注目されているのです。

生産管理システムとの違い

生産管理システムにも、生産スケジューラが組み込まれているシステムが存在します。しかし、生産管理システムに組み込まれている生産スケジューラは、細かい調整まではできません。

一方で、専用の生産スケジューラだと「個々の設備・機械・工具・作業員」の適切な活用方法を、分・秒単位で管理できるので、より詳細な工程管理を立案することが可能となっているのです。

生産スケジューラが誕生した理由

現代では従来に比べると、生産計画がとても煩雑になってきています。そのため、手作業での生産計画は難しい状況になり、生産管理システムを利用するようになって来ました。

また、市場での低価格競争が激化し、限りなく低コストでの生産を余儀なくされています。在庫圧縮によるコスト削減は重要な目標であり、達成率は収益に直接つながってくる時代になってきました。余剰在庫を減らして、コスト削減を実現させるために誕生したのが「生産スケジューラ」です。

生産スケジューラはエクセルでは代用できない

生産スケジューラの表示方法は、ガントチャートとなります。エクセルでも作れるといわれる方もいると思いますが、エクセルで作ったガントチャートと生産スケジューラによるガントチャートでは、内容がまったく異なります。生産スケジューラでは、1個所修正をすることで、自動で全体の修正も行ってくれます。エクセルだとすべての修正を手作業で行う必要があるので、非効率的となります。ですので、生産スケジューラはエクセルでは代用できないシステムです。

生産スケジューラのメリット

生産スケジューラを利用すると、情報を可視化することで最適な生産を行うことが可能となります。さらに、属人化しつつあるスケジューリングが解消できることで、生産スケジュールを早く組み上げることも可能となるのです。

メリット1:最適な生産が実現できる

生産スケジューラを導入すれば、「製造リードタイム・各工程の完了時期・ボトルネックの発見・在庫やリソースの確認」などを、可視化して確認することが可能となります。これによって、確認や指示が的確に行うことができるので、最適な生産を実現できるのです。

メリット2:属人化を解消できる

工程によっては現場に判断を任せるケースも多く、この場合の多くはスケジューリングが属人化してくる傾向にあります。生産スケジューラを導入すれば、現場の経験に基づく判断をシステムが行ってくれるので、属人化を防いでくれるのです。その結果、素早く生産スケジュールを組み上げることができ、偏ったスケジューリングがなくなり、正常な生産管理を行うことができるのです。

製造実行システムとは

製造実行システム:MES(ManufacturingExecutionSystem)は、製造工程の管理や把握、オペレータへの指示や支援を主に行うシステムのことです。特徴としては、工場の生産ラインと各製造工程の連携を行うことが最大の特徴といえるでしょう。

11の機能を必要に応じて利用できる

製造実行システムには、「作業手順・入荷・出荷・品質・保守」の各管理機能など11の機能があり、機能すべてを用いることなく、必要に応じてその機能を利用できます。

製造実行システムのメリット

製造実行システムは先にお伝えした通り、11の機能を必要に応じて使い分けて使用できるシステムです。それによって、製造実行システムには5つのメリットが存在するのです。

メリット1:製造コスト削減

作業状況や在庫の把握が容易となるので、無駄を省くことができて製造コストの削減を期待できます。

メリット2:問題の早期発見

製造現場をリアルタイムにモニターできるので、万一問題が発生しても早期発見でき、解決も早くなります。

メリット3:生産状況のトレース

各工程での生産実績を把握できるので、生産状況(設備・レシピ・部品・作業者・時間・加工データ・測定データ)をトレースできます。その結果、生産状況を細かく分析することも可能となります。

メリット4:柔軟な作業が可能

リアルタイムに生産現場の情報を得られ、指示管理と製造現場が直結しているので状況に応じて柔軟な作業が可能となります。

メリット5:ノウハウの共有

作業に関するすべてのノウハウをシステムに取り込むことができるので、これまで熟練のオペレータのみが把握していた技術も全体で共有できるので、技量アップが期待できます。

 

今回は生産スケジューラと製造実行システムについて、それぞれのシステムの特徴とメリットを解説してきました。どちらも、生産管理システムと共に必要なシステムであることはおわかり頂けたでしょう。もっと詳しく知りたい方は、それぞれの開発会社に問い合わせしてみましょう。無駄をなくし、生産性を向上させるには、システムはなくてはならない存在です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく