製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

食品のロスを減らす!MESでより安全で無駄のない食品づくり

公開日:2022/02/15


食品ロスが大きな問題となっており、コスト面でも重要な課題になりつつあります。その食品ロスに対応するためにも重要視されているのがMESであり、すでに力を入れている企業も少なくありません。この記事では安全第一の食品製造現場において必要なシステムやMESによる食品ロスの改善について詳しくお伝えします。

安全第一の食品製造現場において必要なシステムとは

食品製造業にとって、食の安全は最重要課題でありどのような取り組みをするかによって企業の信頼性も変わってきます。そこで、ここでは安全第一の食品製造現場において必要なシステムを解説します。

重要管理点(CCP)の決定

HACCP(食品衛生上の危害の発生を防止するために、とくに重要な工程を管理するための手法)の12の手順の一つに組み込まれているのが重要管理点(CCP)の決定です。食品の加工工程で、安全性が損なわれるような危害を防ぐための重要なポイントを指します。危害の具体的な中身は、加熱処理の不足、異物の混入などであり、それらの管理が極めて重要なのです。

そこでチェックすべきは日々の加工のモニタリングであり、管理基準に基づいて安全性を判定します。工場内のシステムに管理基準を設定し、加工をモニタリングすることで、安全性を担保するのです。近年ではスマホやタブレットを活用して、現場からリアルタイムで加熱処理の状況や異物混入の有無を確認できるようになり始めています。

トレーサビリティの確保

製品がいつ、どのような素材でどのように作られているのか知らなければ食品の安全性は確保できません。そこで原材料からどの製品に使われたのかをトレースするためにも、トレーサビリティの確保が必要不可欠なのです。消費者に届くまで、どこで取れたものをどのように加工されてどのように出荷されたのか管理できる体制を整えなければなりません。

在庫管理の徹底

物を無駄にしない在庫管理が必要です。とくに近年では国としても食品ロスに真剣に取り組み始めており、作り過ぎによる過剰在庫など適切な在庫管理に注目が集まっています。それぞれの食品の賞味期限・消費期限等の把握も在庫管理の中でとくに重要なテーマとなります。食品製造業では材料が異なる肉や魚も扱うため、適切な管理体制の構築が不可欠です。

効率化を図るMESで食品のロスを減らす

MESとは製造実行システムを指し、製造工程の可視化や管理、および作業者への指示や支援などを行う工場管理者のための情報システムのことです。実際にMESと連動することで、食品のロスを大きく改善した企業も少なくありません。

MESの特徴

生産ラインの各製造工程と連携できるところが大きな点として挙げられます。良質な製品を限られた資源から効率よく製造することを目的にしており、製造オペレーションの制御や可視化を行うのです。そもそも資源は限られており、その資源から効率よく製造することが今後は必要不可欠です。結果として、それがコスト削減にもつながり企業の成長にも関わります。

MESの必要性

製造業の場合、労働者・物・時間のような生産資源を無駄なく活用することは極めて重要です。結果として生産性の工場が重要視されることになり、広い視点から生産状況を把握できる生産管理システムの構築へとつながります。以前の日本は、製造業において世界的に優位に立っていました。しかし現状は大きく変化しつつあり、世界各国のIT化の流れによって質の高さだけでは対応しきれなくなったのです。

そして以前の大量生産から、少量多種生産に変質しており、人の力だけで予測・管理するのは困難です。だからこそMESの考えが必要であり、導入することで生産資源の配分や作業員の製造管理など生産ラインの細かな情報管理ができるようになります。工場間の連携も可能になるので、より効率的な経営ができるようになるのです。

MESを導入する具体的なメリット

製造部門と経営部門との連携が図れるようになります。現場の機械や設備のマスタ情報を管理ができるようになるため、制御や稼働監視なども効率的に行えるようになります。

結果として、工場内の無駄を省く事ができるようになるため、リソースの最適化や稼働率の向上が実現しやすくなります。また製品のフィードバック情報の管理もしやすくなります。製品ロットやシリアル番号とあわせて、製品の品質やトラブルなどのフィードバック情報を管理できます。トラブルにも早急に対処できるようになるため、リスク管理にも大いに役立つのです。

食品を安全に無駄なく生産しよう

世界的に問題となりつつある食品ロスも、MESを活用することで解決する可能生が高いです。工場の工程管理も楽になり、各種資源がより効率的に利用できるようになります。結果として、経営にもプラスとなり利益にも直結する可能性があります。まだMESを取り入れていない企業は、前向きに検討することをおすすめします。

 

食品ロスを減らすためのMESについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?MESは食品ロスを改善できる可能性が高いです。食品ロスに悩んでいる企業などはぜひ導入を検討し、少しでも食品ロスを解決するための努力をすることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく