製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造業のDX化ってどうやって進めるの?MESが与える影響とは

公開日:2022/03/15


製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化し、製品・サービスを利用する人々の生活をよりよい方向に変化させようと考えている企業は少なくありません。しかし生産性と安全性を高めながら、コストを抑えたものづくりをすることは簡単なものではありません。そこで当記事では、DX化が進まない理由およびMESが与える影響を徹底解説します。

DX化はなぜ進まないのか

製造業のDX化に多くの企業が必要性を感じていますが、成功事例自体が多くありません。導入を検討しても運用フェーズまで至ったケースは数えるほどしかないのも事実です。ここではDX化が進まない理由を徹底解説します。

実運用の要件定義が難しい

PoC(概念実証)である程度の効果が見えるのは多くの企業が体験しています。しかし、実運用の要件定義で話がまとまらないケースが非常に多いのも事実であり、その理由として指摘されているのが、PoCではデータを人が集めそのうえで人が加工するようです。

一方で実際の運用フェーズではデータを自動で収集し、自動で加工するとの違いがあるのです。データを自動で扱うというのは言葉では簡単ですが、そもそもフレキシブルかつ高負荷に耐えられるデータインフラが必要になります。さらに検証するにあたり部門間連携や既存システムとの連携も求められるため、結果として失敗することが多くなるのです。

人手不足である

日本は少子高齢化が進み、人口減少が深刻化しています。毎年数十万人ほど人口が減っており、大きな都市一つが消滅しているのと同じような状況です。したがって、製造業のようなマンパワーが必要不可欠な業種は大きな影響を受けており、製造業の現場においてある特定の個人に負担がかかっているケースが少なくありません。

IT投資が少ない

製造業のDX化を進めるにも、一定の投資が必要不可欠です。与えられた経営資源をより効率的に利用して利益の最大化を目指す企業も多く、投資に関してシビアな会社も少なくありません。しかし史上のニーズも激しく変動していることが多く、不確実性が高いためデジタル部門への投資も積極的にならなければ製造業のDX化は難しいでしょう。

データドリブン経営するにはMESの導入が必須

製造業のDX化に必要不可欠なデータ活用には、品質管理やトレーサビリティなどのさまざまな課題が出てきます。しかし、業務で扱うさまざまなデータを使って意思決定を行うデータドリブン経営を成功させるためには、「MES(生産実行層)」は避けられません。ここではMESとは何なのか、なぜ導入が必須なのかを明らかにします。

MESとは

製造工程の把握や管理、さらには作業者への指示や支援などを行う「製造実行システム」のことを指す言葉です。MESは広義の生産管理システムの一つであり、工場の生産ラインの各製造工程と連携できるとのメリットがあります。MES自体には作業手順管理、入荷・出荷管理、品質管理など複数の機能があり、その機能すべてを用いるのではなく必要に応じてその機能を利用することになります。

MESが必要な理由

製造業で極めて大切なのが、徹底したコスト管理と生産現場の効率化による生産性の向上です。その生産性の工場に必要不可欠な従業員と設備、そして時間の生産資源を状況に合わせて最適化する仕組みを作るためにMESが必要になるのです。製造オペレーションの情報管理を行うのがMESとなります。造業のデジタル化に対する取り組みの遅れの影響も顕著に現れ始めており、今後MESの重要性はより高まることになるでしょう。

MESを導入するには

MESを導入するために必要なことを紹介します。

データの活用基盤を明確化する

データによる管理を行うためには、データそのものを蓄積・管理するための活用基盤が必須です。データウェアハウス(DWH)やデータマネジメントプラットフォーム(DMP)とも呼ばれていますが、まずは活用基盤を明確化し確立して運用しなければなりません。

データの分析ツールを活用する

データを収集するだけでMESの導入は終わりではありません、蓄積したデータを意思決定に役立てるためにさまざまな分析を行う必要があります。その分析ツールとして代表的なのがBIツールとよばれる「Business Intelligenceツール」です。データ分析に特化した専用ツールなので、Microsoft ExcelやGoogleスプレッドシートなどの簡易的な分析ツールとは性能が異なります。MESの導入を真剣に考えているのであれば、BIツールを使いましょう。

意思決定の方法を明らかにする

MESを導入しデータの収集および分析ができるようになったとしても、そのデータを活かせなければ意味はありません。自社の強みや課題、顧客ニーズ、市場動向、競合他社の状況なども含めたうえで決断する判断力が求められるのです。経営の意思決定の方法を明らかにしてこそMESが生きるのです。

 

製造業のDX化およびMESについて徹底解説しました。つまりはデータを活用した経営を指しているわけですが、日本が立ち遅れている分野であることは間違いありません。今後多くの企業が対応に追われることになるのは確実であり、導入の遅れは致命傷となりかねません。早急に体制を整え、経営のデータ化を進めましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく