製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

おすすめ製造実行システム(MES)ランキング!

人気ランキング1位

株式会社ユニフェイス
株式会社ユニフェイスの画像

人気ランキング2位

三菱電機エンジニアリング
三菱電機エンジニアリングの画像

人気ランキング3位

横河電機株式会社
横河電機株式会社の画像

製造実行システム(MES)とは?


まずは製造実行システムをこれから導入しようと考えてはいるものの詳しくわからないという人のために、製造実行システムの特徴などをご紹介していきます。

MESの特徴

MESというのは、製造業において製造工程の把握や管理、そして作業者への指示などを行う情報システムのことを言います。広い意味では生産管理の1つではありますが、最大の特徴として工場の生産ラインの各製造工程と連帯できるということが挙げられます。

MESには全部で11の機能がありますが、その全てを利用するのは稀で、必要な機能をピックアップして利用するのが一般的となっています。つまり、今製造工程において足りていない部分を補うサポートを担ってくれるシステムということなのです。

製造業で必要とされている理由

では、なぜ今MESが製造業で必要とされているのでしょうか。これまで、日本の高い技術力が製造業にも活かされ、品質の良さなどが日本の製造業の強みでもありました。しかし昨今では品質が良いだけ、技術力が高いだけではなく高品質かつ低コストであることが重視されているのが現状です。

そのためには、製造工程の可視化、そして管理、作業者への指示を的確に行い、「ヒト・モノ・時間」といった資源を無駄なく活用して生産性を上げていくことが大切だとされています。日本の製造業はデジタル化が遅れているために、生産性の低下を招いているとされ、これをクリアすることが日本の生産業を支えていく鍵となっているのです。

匠の技術が人手不足でデジタル化

これまで製造業では見込み生産といって、大量生産する方法が一般的でした。しかし、現在は製品の在庫を最小限に抑える「需要調整型」の生産が広がりつつあり、1つの工場で同じものを大量に生産するという流れではなくなってきているのです。

そのため、何かに特化した工場では存続が難しく、1つの工場で複数の製品を生産、さらにリニューアルにも対応しなければいけないのが当たり前になっています。しかし、工場で使っている設備をそのたびに変えたり足したりするのは、莫大な費用がかかるため難しいのが現実です。

そこで、そういった環境や設備の足りない部分や違いを補っているのが、熟練の技術者たちが持つノウハウである匠の技術なのです。この技術は従来日本が得意としてきた部分であり、長い時間をかけて次の世代の若者を育て引き継いできました。しかし、昨今では人手不足、後継者不足により、技術を継承することが難しく、さらに長い時間をかける育成が時代に則さなくなっているのです。

こういった流れの中で、大手の企業などはデジタル化を進め様々な問題を解決していくための取り組みが行われていますが、中小企業においてはそれが厳しく今でもアナログな技術で生産を賄っている部分が大きいのです。

しかし、変化していく製造業の中でデジタル化を避けることはデメリットの方が大きく、デジタル化を進めるために必要となってくるのがMESに蓄積されたデータであり、それを共有利用することが生産性の向上に繋がっていくと言われています。

・MESは製造に関わる管理や指示をサポートするシステム
・資源やノウハウを無駄なく利用するためにMESが必要とされている
・日本が誇る匠の技術もデジタル化され、共有していく時代

おすすめの製造実行システム(MES)を紹介します!

現在世界でもトップレベルと言われる日本の製造業。製造に関しては古くから日本の得意とするところでしたが、それが近い将来他の国に追い越されてしまう可能性があるとされています。それは、人員不足などによる技術者不足、そして製造業においてデジタル化が遅れていることで起こる効率の低下が大きな理由です。

そんなデジタル化を進めるにあたり必要となってくるのが、製造工程の効率化を測るための製造実行システム(MES)なのです。ここでは、そんな製造実行システムをこれから導入しようと考える企業の方に向け、おすすめしたい製造実行システムとその企業をご紹介します。

おすすめ製造実行システム(MES)ランキング一覧!

株式会社ユニフェイスの画像1
複数の企業の声から生まれたMESパッケージ製品
株式会社ユニフェイスが提供しているのはIB-Mesという製造実行システムです。一元管理されたデータをトレーサビリティや分析に利用し、生産活動や改善活動、また工場稼働率や品質管理の工場などに活用させることができます。 新旧様々な設備やメーカーを問わず、多彩な工程に対応しており、ノンカスタマイズであれば最短1ヶ月というスピードで導入可能で、時間をかけずに導入したいという企業にもぴったりです。
おすすめポイント

Point①. 複数の企業様の声(ノウハウ)を集約し、製造現場から生まれたMESパッケージ製品

Point②. ノンカスタマイズなら導入まで、最短1ヶ月

IB-Mesで起こる導入の効果

・経営、生産、営業すべての層が同じデータに基づいた意思決定や行動ができるようになる。

・現場の状況を手元で確認できることにより、管理者が現場に行く時間が減る。

・本社やシステム部門と現場のコミュニケーションが密になり、システムや改善活動に対する意見交換が活発になる。

・現場の進捗がリアルタイムで把握できるため、人員や設備を速やかに変更できるようになる。

・客観的なデータに基づいた、直接・間接工数を見直して削減。

・データ入力の工数やオペレーター人数の見直しができる。

株式会社ユニフェイス の基本情報

製品名 IB-Mes
本社 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-16-19 丸の内ニューネットビル
機能 生産進捗管理 / 品質管理 / 設備管理 / 労務管理 / 製造条件監視 / トレーサビリティ / 簡易分析 など
提供形態 パッケージソフト(オンプレミス)、クラウドサービス
問い合わせ方法 電話、メールフォームから
三菱電機エンジニアリングの画像1
お客様の何とかしたいに応えるMESソリューション
三菱電機エンジニアリングではお客様の困りごとを解決するためのMES(製造実行システム)ソリューションを提供しています。これまでにオフィス家具製造工場や液晶パネル製造工場、調味料製造工場などあらゆる業種へ導入を行ってきました。 技術の属人化の問題を見える化、システム化、自動化することで解決し、スマートファクトリー化ができるシステムとして支持されています。
おすすめポイント

Point①. モノづくりを見える化、システム化、自動化

Point②. お客様の「何とかしたい」にお応えするシステム

三菱電機エンジニアリング の基本情報

製品名 MES(製造実行システム)ソリューション
本社 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル
機能 受注情報の自動受信 / 生産指示情報の生成 / 生産指示情報の、生産に応じた設備への転送 / 設備から実績データを収集 など
問い合わせ方法 電話、メールフォームから
横河電機株式会社の画像1
市場の変化への柔軟で迅速な対応が可能なシステム
横河電機株式会社ではMESソリューションとして、業種ごとに適応するMESシステムをパッケージ化して提供しています。医薬品製造工場向け、製造情報管理支援、食品工場向け、フィルムプロセスソリューションなど様々です。 リアルタイムに発生する製造データ、製造オペレーションを管理することにより、効率的な生産活動のサポートを行っています。
おすすめポイント

Point①. 幅広い業種や業態のフィットしたMESをラインナップ

Point②. 医薬品工場向け、食品工場向けなど様々な業種に対応したパッケージ製品

横河電機株式会社 の基本情報

製品名 CIMVisionPharms / PIM-Aid / CIMVisionLIBRA / eFact
本社 〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-9-23
機能 指図・実績管理 / 作業進捗管理 / 製造記録管理 / ロケットトレース実施 など
提供形態 パッケージソフト
問い合わせ方法 電話、メールフォームから
第4位 NEC
NECの画像1
さまざまな生産形態に対応し業務改善にも迅速に対応
NECではIFS Applications for MESという製造実行システムを提供しています。見込生産・受注生産・後補充生産などのさまざまな生産形態に対応し、業務改善に対しても迅速に追随可能なシステムとなっています。 生産設備から取得した製造実績情報を連携することで、現在状況やアラームを見える化し、早期解決策の立案をサポートします。また様々な現場端末を利用して効率的な実績収集が可能です。
おすすめポイント

Point①. お客様の変動対応力強化・次世代ものづくりの実現を支援

Point②. 見込生産・受注生産・後補充生産などのさまざまな生産形態に対応

NEC の基本情報

製品名 IFS Applications for MES
本社 〒108-0014 東京都港区芝5-7-1
機能 製造指示 / 工程実績管理 / 検査実績管理 / 稼働実績管理 など
問い合わせ方法 メールフォームから
ムラテックの画像1
成形工場のムダ・ムラの「見える化」と効率アップ
ムラテックが提供しているMICS7は、成形工場生産管理システムです。現場端末機(LIT)とパソコンを通信させることで、リアルタイムに稼働状況や生産実績情報などを確認でき、トータルに管理ができるシステムです。 現場端末機 LITはメーカーや機種を問わずどんな成形機にも取り付けることができるため、パソコン上で成形予定の登録や変更、組み換えが可能で扱いやすいのも特長です。
おすすめポイント

Point①. 成形工場に潜むムダ・ムラの「見える化」と効率アップをしっかりサポート

Point②. メーカ・機種を問わず、どんな成形機にも対応可能

ムラテック の基本情報

製品名 MICS7
本社 〒612-8418 京都府京都市伏見区竹田向代町136
機能 マスター管理 / 生産計画 / 稼働監視 / 保守管理 など
提供形態 パッケージソフト
問い合わせ方法 電話、メールフォームから

製造実行システム(MES)の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特長製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
提供形態・パッケージソフト
(オンプレミス )
・クラウドサービス
-パッケージソフト-パッケージソフト
導入期間最短1ヶ月----
問い合わせ方法電話、メールフォームから電話、メールフォームから電話、メールフォームからメールフォームから電話、メールフォームから
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

まずは製造実行システムがどのようなものなのか、そして取り入れることのメリットやデメリットなどに加え、製造実行システムの機能についてなどもご紹介します。業者選びのポイントにも触れていくので、ぜひ参考にしてみてください。

製造システムと生産管理システムの違いは?



製造管理システムについて調べていく中で、生産管理システムと混同してしまう人も少なくないようです。ここでは、そんな製造管理システムと生産管理システムそれぞれの定義についてご紹介し、その違いについて見ていきましょう。

生産管理システムの定義

生産管理というのは、製品やサービスの品質を顧客に満足してもらえる水準を保証し、さらに改善や向上を行っていくための業務を指します。そこには、原価や数量、納期などの管理を行うことも含まれており、更には受注や納品を行う場合もあります。

つまり、消費者や利用者の求める製品やサービスを経済的に生み出すために生産工程において必要となる様々な情報を総合的に管理するシステムということです。

製造システムの定義

一方で製造システムというのは、製造ラインで生じる工程管理や進捗管理、稼働時間や製造数などのデータを管理、蓄積させるためのシステムです。これを分析することにより、加増時間と製造数のバランスを見直すことや、製造精度向上のための工程の見直しに必要な措置をとることなど、生産業務のマネジメント的役割を果たしているシステムということになります。

つまり、生産管理システムは製造を含めた生産全般についての管理などを行うことであり、製造システムは生産管理システムの中の1つである製造の工程における管理をするシステムなのです。生産管理の中に製造システムがあるとイメージするとわかりやすいかもしれません。

・生産管理システムは生産におけるすべてを管理するシステム
・製造システムは生産の中の製造工程を管理するシステム
・生産管理と製造管理は同じような意味で使われることもある

MESとERPの違い


MES(製造実行システム)とERPは、どちらも業務の効率化のために利用されるシステムということから、同じものだと思われることがあります。しかし、実際にははっきりとした違いがあり、理解しておかなければ使いこなすことができません。

ERPは、主に現場での作業前に利用されるシステムです。製造の現場で働く人の管理や設備投資の計画、必要となる商品の数量などを考えるために利用されます。

一方、MESは、製造現場に特化した効率化ツールです。より現場に近いシステムで、実際に動く人のために用意されたからだと思われます。

MESはERPで立案された計画に従って、製造を行う現場の管理に特化しているのが特徴。そのため、製造行為をしない企業にとっては、MESは不要かもしれません。

ERPが企業の経営者のサポートだとしたら、MESは製造所の管理者のサポートを行います。両者は直接関係することはありますが、完全に分離しているといえます。

このように、どちらも「業務を効率化する」という目的は同じなものの、利用される業務内容に違いがあることがわかりました。ERPとMESの2つをうまく使いこなすことによって、さらに進化していくことが予想されるでしょう。

・ERPとMESには使われる業務内容に違いがある
・2つを利用することでより効率的に業務が進める

製造実行システムのメリットや実例



それでは、製造実行システムを導入することによって生まれるメリットや、実例などを見ていきましょう。

生産状況の可視化による業務負荷の平均化

製造業をしているのなら製造実行システムを導入しているのが一般的なのでは?と思われがちですが、実は全ての企業が取り入れているわけではありません。とある調査によれば、組み立て製造業を行う中小企業(年商5億円未満)の場合、70.6%がシステムの導入を行っていないのです。また、年商50億~100億円未満の企業ですら、50%しか導入していないという調査結果が出ています。

こういったシステムの導入がされていない現場において、生産状況を可視化させること、そして業務負担の平均化というのはとても難しい問題となってきます。例えばある部門では生産が集中して稼働時間も長くなっているのに、他の部門ではその間も通常通りの業務負担となっていれば、それは業務を平均化できていないということになります。

これが当たり前のように起きていると、生産性を低下させてしまうのはもちろん、労働者の不満にも繋がる原因となってしまうでしょう。そういったことが起きないよう、生産管理システム、製造実行システムを取り入れて業務の可視化を行うことで、平均化も可能となってくるのです。

リードタイム短縮による顧客満足度向上

ある1つの工程が開始してから完了するまでの時間を「リードタイム」と呼びますが、このリードタイムは製造の工程一つ一つに存在します。これを短縮させることで、生産性を向上させ、スピード感のある製造環境を作り出していくことができるのです。

しかし、このリードタイムを短縮させるのは簡単なことではなく、特に仕入れなどといった外部との関わりのある部分では、リードタイムを操作するのはさらに難しくなります。そこで製造実行システムを導入すると、生産計画を仕入先の企業などと共有することができ、仕入先も見込み受注ができるようになるため、仕入れに関するリードタイムを短くすることができるようになるのです。

過剰在庫などを防止して在庫の適正化

生産において、基準を超えた在庫を保有する過剰在庫や、反対に基準を下回る在庫不足は利益率を下げてしまったりビジネスチャンスを逃してしまったりと、どちらも大きなデメリットに繋がってしまうことがあります。

在庫管理くらいで…と思う人もいるかもしれませんが、それが原因で倒産する企業もあるほどで、ビジネスにおいて軽視できない部分です。そこで生産管理システムにおける在庫管理システムがあれば、仕入れ管理や販売管理といった現場の状況をリアルタイムに確認できるため、適正な在庫をキープすることが可能となるのです。

不良率管理による品質向上

生産した製品の数に対し、不良品の割合を下げることが利益率を向上させるために大切なポイントとなります。不良率は一般的に2%程度とされていますが、製品によっては2%以下が良いとされていることもあります。

そこで大切になるのが不良率管理なのです。不良率が下がるということはそれだけ品質が向上していることでもあり、無駄なコストを下げることにも成功しているということになります。不良率管理を行い、万が一不良率の既定値を超えた際に、その原因を突き止め改善を行うための策を練ることが品質向上にも繋がるというわけです。

原価管理による利益率向上

適正な価格で製造や販売を行うためには、原価管理が欠かせません。日々変わっていく原価を正しく把握し、製品の原価を管理することで営業を行う部門に対し適正な原価を提示でき、見積書も適正価格で作成することができるようになります。

もちろん利益を高めるためにも原価管理は重要なポイントとなるので、生産管理システムの中でも利用すべきシステムの1つだと言えるでしょう。


・製造実行システムは利益率や品質向上に繋がるシステム
・顧客満足度を上げたり適正な在庫をキープしたりする役割も
・原価率の把握をするためにも取り入れられている

MES(製造実行システム)の便利な11の機能



MESには11の機能が備わっています。その機能がどういったものなのか、3つに分類し、それぞれをご紹介していきます。

【ヒトの管理】

1.作業のスケジュール
生産計画を基にした詳細な作業スケジュールを管理する機能です。従業員の勤務シフトなどにも対応することができます。アナログでは見落としがちなスケジュールも、システムを導入することで間違いなく対応できるようになります。

2.作業手配・製造指示
生産についての作業低背や、製造指示を行う機能です。受注オーダーやジョブ、ロット、バッチといった作業管理単位ごとに行っていきます。また、中には工程内仕掛量の調整機能の提供を行う製品もあります。

3.作業者管理
作業者の作業状況等を管理し、最適な作業割当を行う機能です。不満の生まれやすい一人一人ごとに異なる作業状況をしっかりと把握し、不満を減らすための役割としても活躍してくれそうです。

【モノの管理】

4.生産資源の配分と監視
生産に必要な設備や人員など、生産資源の配分やその状況を監視する機能です。対象となるのは生産の装置や工具、また資材、そして作業者の技能や文書など多岐にわたります。

5.仕様・文書管理
作業の際に必要となるドキュメントや仕様を管理する機能です。作業の指示書や配合表、図面や作業手順書、そして設計変更などの経緯を管理したり編集機能を提供したりします。

6.設備の保守・保全管理
生産設備や機器などの定期保全や装置や工具の可用性を確保して予防保全の計画を行います。また実行管理を行う機能でもあります。

7.製品・品質管理
製品の品質管理データを収集管理して、そのデータをリアルタイムで分析を行う機能です。それによって適正な品質管理を行うことができます。

【全体の管理】

8.データ収集
生産に関わる様々なデータ収集、また工程内における進捗状況をリアルタイムに収集し管理を行い、そのデータ分析を行う機能です。自動収集が可能ですが、スマートデバイスなどを利用した手動収集にも対応しています。

9.プロセス管理
生産状況の監視を行い、作業者の意思決定などの判断をサポートする機能です。

10.製品の追跡と製品体系管理
仕掛品の追跡を行い、さらに次の作業(後工程)を把握する機能です。

11.実績分析
過去の履歴や計画と比較して、生産状況を分析してレポートする機能です。生産についての最新状況を報告してくれます。

このように、11の機能は様々な使い方ができ、どれを使用するのかは企業毎に判断することになります。また、製造する製品によってその内容は大きく異なり、標準機能という感覚ではなくどのデータを収集し、どのように使用するかを定義することから始まるので、導入までに時間やコストが掛かる可能性があるのです。そのため、どんな企業でも導入しやすいシステムを選ぶことが大切です。


・製造実行システムには11の機能が搭載されている
・どの機能を利用するかは企業が取捨選択する
・提供されているシステムによっては導入までに時間やコストがかかることも

中小製造業が抱える課題とMES管理の必要性



MES(Manufacturing Execution System)は、製造工程の進捗把握や管理、現場作業者への指示を出すシステムです。日本語では「製造実行システム」とも言い、各製造工程と連携して製造過程の効率化を目指しています。

中小製造業では多くがMESを導入していますが、一部では未導入のところもあり、アナログな管理に時間を取られるケースもあります。今回は、中小製造業が抱える課題とMES管理の必要性について解説していきます。

中小製造業が抱える課題は人手不足とアナログ管理

中小製造業では、深刻な人手不足に悩む会社も多いです。少子高齢化やシステムのデジタル化ができていないなどの影響を受けて、生産性そのものが低下しているケースもあります。

はじめに、中小製造業が抱える課題から見ていきましょう。

人手不足

少子高齢化の影響により、労働人口そのものが減少していることは深刻な問題です。熟練技術者の継承問題や、新人育成にも影響を及ぼしており、激化する競争に対しても生産性の向上や競争力の強化は中小製造業にとって大きな課題となっています。

アナログ管理

中小規模の製造業では、手入力のエクセルなどアナログな管理体制が続いており、課題解決に向けた基盤ができていないケースがあります。

ビジネスモデルや顧客ニーズの変化により、周囲はデジタル化が進んで行くのに対し、生産管理のシステム化に苦手意識があるために導入しない会社もあるでしょう。

MES管理が必要な理由

製造業で大切なのは、生産資源を活かし生産性の向上を実現することです。そのためには、現場の作業工程や進捗を可視化することが必要です。

ここでは、MES管理が必要な理由をチェックしていきます。

製造現場のムダを徹底的に排除するため

製造現場には思わぬところにムダがあり、それらを改善することで生産性向上につながります。そのためには、現場の実態を把握して徹底的にムダを排除することが不可欠で、最小限の生産資源で効率的に生産できる仕組みが必要です。

コスト管理や進捗把握を自動化するため

製造現場の情報収集に特化したシステムがあると、コスト管理や進捗把握も可視化できるようになります。設備の稼働状況もひと目でわかるため、トラブルの際にもいち早く対応することができます。

また、作業者がタブレットなどを使って作業記録を残すことで、現場ごとの作業の進捗も把握しやすくなるでしょう。こうした情報を作業者と経営者側で共有することで、製造現場の全体を見ることができるようになります。

MES管理導入のメリット

MES管理を導入することで製造業はどんなメリットが得られるでしょうか。ここでは、MES管理導入によるメリットを紹介していきます。

コスト削減

MES管理を導入すると、製造現場の状況やコストなどリアルタイムで把握できるようになります。製造現場のあらゆる情報が可視化されるため、現場内のムダを発見しやすくなるのです。

迅速に改善に取り組んでいけば、製造コストの削減につながり収益を上げることにも貢献するでしょう。

品質・生産性の向上

MES管理により、一定の品質が保てるようになることに加え、工場内で不良が起きやすい工程に対し迅速な対策を打てるようになります。蓄積した加工データを分析・比較することで、不良発生を予防し製品のばらつき抑制にも貢献するでしょう。

また、MESには生産資源の管理や作業のスケジューリングといった機能があるため、作業者や設備の空き時間も正確に把握できます。これらを元にムダの無いスケジュールを組むことで、生産資源を活かした効率的な製造を可能にします。

部門間の連携

製造業の悩みの1つに、事務所と現場の情報連携が取れていないことが挙げられます。MESを導入することでシステム上という同じ環境で情報を共有できるようになり、事務所・各工場・拠点でのリアルタイム共有を実現します。

また、仕様の変更などが生じた際にも部門間の伝達から作業者への指示までスムーズに行うことができるため、従来は会議やFAX、電話などで共有していた時間も削減することにつながるでしょう。

業務の標準化・可視化

熟練技術者のノウハウをはじめあらゆる情報をデータとして取り込むことで、工場全体で共有できることもメリットです。一元管理することで、年齢や勤続年数に関わらず誰にも平等に情報を得られるようになり、新人でも即戦力として働ける環境が整います。

場合によっては動画やネットワークでデータを残し、共有できるマニュアルとして閲覧できる状態にしておけば、全体のスキルや業務を標準化することにも貢献するでしょう。

MES管理の導入で生産性をアップしよう

MES(製造実行システム)は、製造工程の進捗把握や管理、作業者への指示出しができるものです。今後の製造業が生産性や競争力を維持・強化していくために不可欠なシステムであり、DX化にも関係の深いものです。

中小の製造現場でアナログな管理体制に課題を感じているなら、MESの導入を検討してみてはいかがでしょうか。人手不足を含むさまざまな課題を解決へと導くほか、社内の連携や生産性の向上など見落としがちだった部分も改善できるでしょう。

MESが導入されている・されていない生産現場の違い


MESは、製造プロセスを最適化するためのコンピュータ化されたシステムです。

MESが導入されている生産現場では、設備や素材、工程などの情報がリアルタイムで集められ、効果的に管理できます。一方、MESが導入されていない生産現場では、データを活用できずに製造に無駄やリスクが多くなってしまいます。

製造業では「人・モノ・時間」などのビジネスリソースを最大限に活用し、生産性をどのように向上させるかが重要です。経験豊富な人の知識や判断だけに頼っていると、スキルやノウハウが「個人依存」になり、将来的に労働力不足が深刻化すると大きな問題となる要因となります。そのため、生産状況を把握できる生産管理システムだけでなく、各製造ラインの作業を詳細に見る現場視点の管理システムが重要視されています。

MESが導入されている生産現場の特徴

MESが導入されていない場合の「最悪のシナリオ」は、生産現場でいつでも起こり得ます。

MESが導入されることで、生産プロセスが効率的かつ透明になり、リアルタイムでの生産状況のモニタリングが可能です。これにより、生産性が向上し、生産計画の柔軟性が増すとともに、迅速な問題解決ができるでしょう。

業務の効率性が向上する

細部までデータが管理されることで、生産リソースの適切な配分や作業者の製造管理が効率的に行われます。異なる工場間でもデータが連携され、蓄積された情報をもとに製造操作を最適化できるでしょう。

また、生産状況の進捗を即座に把握でき、異常が発生した場合はアラートが発せられるため、迅速かつ正確な対応が可能です。また、MESをERPシステムと連携することで、実績入力などの作業工数だけでなく、手入力によるミスが大幅に削減され、業務の効率性が向上するでしょう。

属人化防止につながる

MESを導入していれば、熟練技術者のスキルやノウハウをデータ化し、ほかの作業者に効果的に伝達できます。

また、データを用いて設備情報を管理することで、消耗品など部品の交換時期や機器の保守作業を適切なタイミングで行えます。そのため、大規模な故障や生産ラインの停止リスクが減り、保全のための人員も最小限に抑えられるのも特徴のひとつです。

多品種少量生産へ柔軟に対応できる

製造業は、従来の大量生産から多様な製品の少量生産へシフトしています。大量生産では、単一の製品に焦点が当てられ、生産管理の複雑さはそれほど要求されませんでした。しかし、現在の状況では、需要の変動に応じて生産量を適応させ、複数の異なる製品の在庫を最適に維持する必要があります。

しかし、複雑な生産計画を完全に人の手で行うのは難しく、システムによるサポートが欠かせません。たとえば、特定の製品に需要が急増した場合でも、システムは素材の調達から生産ラインの調整まで効率的に計画し、迅速な対応が可能です。逆に需要が低迷した場合も、在庫を最小限に抑えつつ生産を調整できます。

また、顧客からのクレームが発生した場合でも、データによって生産状況を把握しているため、問題となる部品やロットをすぐに特定し、調査を開始できます。再発防止策を打つことが容易になり、顧客からの信頼を回復できるでしょう。

MESが導入されていない生産現場の特徴

多くの生産現場では、人の知識や経験に頼ることでMES未導入で起こりうる問題を防いでいます。しかし、この方法では生産性が低下しやすいのが現状です。

事前にトラブルを防ぐためには、すべてのプロセスを電子化することが不可欠です。

人為的ミスによる効率低下を引き起こす

生産現場においてMESが未導入の場合、作業指示や情報管理が主に手作業で作成されます。

具体的には、作業者が製造実績をその日の仕事終わりに手入力するため、ホワイトボードなどを使用して作業開始前などに確認し、共有するケースがほとんどです。そのため、生産性を落とすだけでなく、不良品の発生を増加させ、製品ロットが廃棄されるリスクも高まるでしょう。

業務が属人化する

手書きの指示書などが使用されている生産現場では、作業の進行や品質管理が特定の作業者に依存します。そのため、その作業者が不在だったり退職したりすると、業務の継続が難しくなります。

また、設備のメンテナンスに関しても、経験豊富な作業者の主観的な判断が優先され、先送りされることがほとんどです。メンテナンス管理が不十分な現場では、設備の故障が発生した場合、予想外の長期間の生産停止が発生する可能性があり、時間や資源のロスが発生します。

現状では、多くの現場でさまざまな人の知識や経験によって、そうした事態を防いでいるにすぎないことを覚えておきましょう。

製造実行システムを導入するときの業者ポイント



最後に、製造実行システムを導入する場合の業者選びのポイントについて抑えていきましょう。今回は5つのポイントをご紹介します。

自社の業務形態にあったシステムを選択する

一言で製造業といっても、その種類は様々です。食料品の製造もあれば、木製品やプラスチック製品の製造などもあり、その種類によって必要な製造実行システムの機能は変わってくるものです。そのため、自社の業務形態に合うシステムを選ぶことが大切であり、中には業種によって必要な機能をまとめているシステムもあります。

どのシステムを導入するべきかわからないというときこそ、まずは業種に合わせてパッケージされているものから選び、その上で本当に必要な機能を搭載しているものはどれなのかを考えると選びやすいでしょう。

自社の課題・導入目的を明確化する

そもそも製造実行システムを導入するのはなぜなのでしょうか。それを明確にするためには、まず自社が抱えている生産に対しての課題をピックアップする必要があります。そして、その課題についてどういった対処、解決をしていきたいのかを考え企業としての対策を整理していくことが大切です。中には、製造実行システムだけでは解決できない問題もあるかもしれません。

また、製造実行システムは非常に種類が豊富なので、はじめにどういった機能が必要なのかをしっかりと把握し、それに合わせたシステムを選ぶことが大切です。企業によってはこの時点でコンサルティングを依頼する場合もあるようです。

自社の生産方式にあったシステムを選択する

製造業の生産方式といえば、見込み生産や受注生産、個別生産など様々なですが、その生産方式に対応したシステムを利用することがとても大切になってきます。製造業を行う企業の中には、製品によって生産方式を分けていることもあるでしょう。

そのため、生産方式に合うかどうかはもちろん、複数の生産方式に対応しているシステムなのかも事前に確認する必要があるのです。

操作性とサポートはどのようになっているか

せっかく自社にピッタリの機能を持つシステムを導入しても、操作性が悪く複雑な場合社内でうまく活かすことができず、普及せずに導入を辞めてしまう可能性もあります。また、そういったシステムはシステム担当を行っている人の大きな手間になってしまうこともあるでしょう。

そのためには、システムに慣れていない従業員であっても簡単に操作ができて覚えやすいことも大切です。

また、万が一システム障害や不具合などの場合、生産が全て止まってしまうことも考えられます。そういった場合にすぐサポートしてくれるかどうかも重要となってくるでしょう。

導入までどれくらいかかるのか

製造実行システムをすぐにでも導入したいと考えている場合、どのくらいの期間で導入可能なのかも気になるところです。多くの機能を使おうと思うと導入までに数ヶ月という時間がかかる場合がありますが、システムによってはその期間をできるだけ短くすることができる場合もあるようです。できれば1ヶ月程度で導入して、早めに従業員に浸透させることが理想ですよね。


・自社の生産方式に合うシステム選びが重要なポイント
・不慣れな従業員でも扱いやすいシステムが大切
・1ヶ月程度での導入ができるのが理想

製造オペレーション管理システム(MOM)の目的・機能

製造オペレーション管理システム(MOM)とは

MOMは製造する過程の管理や、監視をするためのシステムで、製造実行システムであるMESの機能をより増やすためのシステムです。

MOMを導入するメリットとして、属人化が防げることや、多品種少量生産も可能となり、業務効率化が図れるといった効果が期待できます。
MOMの特徴について3つに分けて説明します。

データ収集・分析が可能

データ収集や分析は、製造業として重要な機能を持っています。世の中のニーズによって、商品開発や製造コストを考えていかなければいけません。
MOMは製造に関してのデータ収集や分析が可能であるため、コスト削減にはどこを見直せばいいのかを分析が可能です。
データ分析が可能なので、製造過程のどこがいけないのかを考えるための時間に使うことができるため、効率的に時間を使えます。

製造の作業スケジュールも効率化できる

MOMは、製造に関して作業スケジュールを把握することができます。在庫の状況や製造スケジュールから納期や急な生産変更も対応可能です。
市場ニーズから、増産をしていきたいという場合や、需要が少なくなっているから減産してコストを抑えていきたいといった場合でも、製造の作業スケジュールを変更して、効率的に製造することが可能となります。

製品の品質を管理する

製造工程の中のデータを収集して、製品の質を確認することができます。製品工程のデータを元に分析することで、製造する製品の質のばらつきを減らし、均一化ができます。
安定して品質の高い製品を製造できるため、顧客満足度も増え、製造の品質を保ちたいと考えるのなら、おすすめです。

MOMの目的

MOMを導入することで得られるメリットとしては、企業の経営計画と、現場を連携できることです。そのMOMの機能を理解するためには、機能段層モデルを知ることが必要です。
ここでは、MOMを使う目的について理解を深めるために、機能構想モデルや、業務範囲について説明していきます。

MOMの目的について

MOMのシステムの目的としてある機能構想モデルは、企業の経営理念と、現場を連携させるためのモデルであり、ISA-95という規格の中に定義されています。
その中では、製造業の中の業務をレベル0からレベル4まで分けて定義しています。それぞれの担当業務は、企業全体でどこの分類するのかがわかるものです。
MOMは、「要求された製品を生産するためのワークフローに関するアクティビティー」に分類され、製造実行システム(MES)と合わせて経営と現場を連携する役割があります。
経営面で考えないといけない部分と、現場の状況を反映することができるので、導入する価値の高い、画期的なシステムです。

MOMの業務範囲について

MOMはコスト削減と業務効率化を目的としたシステムです。そのため、複数のシステムで構成されているため、業務範囲は広いですが、大きく分けると4つ要素があります。
その4つの管理が「生産・保全・品質・在庫」です。この4つの流れを説明すると、製造スケジュールを参考に、作業員に指示を出し、製造している設備に異常がないかを管理して、製品の品質をチェックし、在庫状況をリアルタイムに監視することが必要です。

MOMの機能について

製造業の業務効率化を図るためのMOMは、機能として11個に分類されています。その機能について紹介していきます。

作業スケジューリング

作業スケジューリングとは、製造の生産スケジュールに基づいて決める計画のことです。作業スケジューリングによって、今後の生産計画も決まるため、とても重要な役割を持つ機能の一つです。

生産資源の配分と監視

製造する上で必要な資源についての配分や、管理する機能です。具体的には、製造時に必要な人員の配置や、設備環境等の調節等があります。

製造で必要となる生産資源を、効率的に使うためにはデータ化して管理することが必要です。

作業環境の整備

作業環境の整備は、製品の品質担保や製造業で働く従業員の環境を調節するための機能です。
作業環境が集中できる環境を保てるように、温度や湿度、製品をチェックするための明るさを保てるような環境を調節しています。

差立て・製造指示

作業スケジュールを元にして、予定された時間内に工程が終わるよう作業手配するための機能です。
製造する上で必要な材料の発注や、消耗品といった物の手配、製造工程で必要な作業やけ検査の指示をします。

実績分析

製造された計画や今までの実績を元にデータを比較して、現状をレポートすることが実績分析といいます。
実績分析することで、現状の製品の改良点を見つけられるため、より良い製品づくりをサポートする機能です。

保安管理

製造している設備の環境を保つための機能が保安管理です。設備を維持するための部品の管理や交換時期等の情報など、工場内の設備が安全に稼働するための情報を管理しているのが、保安管理です。
保安管理についても、保有している在庫や工程が多いほど管理が大変なので、MOMによる自動化されることで管理性が向上することや、業務効率が図ることができます。

工程管理

製品の工程について管理するための機能を工程管理といいます。製造スケジュールの中で、ずれが生じた場合にも、工程管理があればどこで不具合が起きたか等、問題を拾うことができます。

品質管理

製品の品質を管理することが品質管理の機能です。品質に関してのデータの収集や、データに基づいた情報を分析するといった機能を持っています。

データ収集

製造の生産に関するデータ収集の管理や分析がデータ収集です。製品についての情報をまとめて管理しているため、製品の改良をする時に必要なデータを集めることが可能です。

製品の追跡と生産体系管理

製造業では作業工程が膨大となるため、工程確認にも時間がかかってしまいますが、工程確認がデータ化されることで少ない工程で製品の追跡が可能となり、生産体系の確認もできるのがこの製品の追跡と生産体系管理です。

MOMを導入する3つのメリット

MOMは製造業で多く導入されているシステムです。今回はMOMを導入すべきメリットを3つに絞って説明します。

生産効率が上がる

MOMを導入するメリットとして、生産効率を上げることを可能とします。製造ラインの効率化や資材の管理などを数値で管理することができます。
適切なデータの収集や管理により、生産効率の見直しをしていた時間が削減し、製造ラインの稼働率を上げることが可能です。

製造スケジュールの最適化

MOMを導入することで、製造スケジュールの見直しも可能です。もともと設定していた納期から、製造にかかるスケジュールを分析し、製造から出荷までの時間の見直しが可能です。
そのため、納期までの時間の短縮も可能となり、同じ期間でもより多くの製品を製造することが可能となります。

製品の品質が担保される

製造の品質管理もMOMの機能であるため、製品の品質を担保できるのがメリットです。製品のデータを集め、分析することで、製品の異常にいち早く気づくことができます。
不具合が生じた場合でも、MOMを導入することで製品に不具合が生じても、早期に発見できるため、初期対応が可能です。
初期対応が可能となれば、品質も担保されるため、企業のイメージも良い状態を保つことができます。

MOMの導入のデメリット

製造業では、MOMを導入するメリットは大きいシステムです。しかし、導入にあたりデメリットも多く存在します。
ここでは、製造業でMOMを導入することによってのデメリットについて紹介していきます。

導入時の初期コストの問題

MOMは製造業の業務効率化を図るための機能がたくさんありますが、初期コストが高いことがデメリットです。
具体的には、MOMのシステムを購入する金額や設定方法について、現場で使うスタッフの研修に費用が発生するため、初期費用のコストを考えなれければいけません。
コストを抑えるためには、システムをクラウド型にするなど、費用を抑えることも可能です。

データ収集方法の設定

MOMを実際に導入する際には、現時点での製造で使われているすべてのデータ収集や登録することが必要となります。
具体的には、在庫の管理や、入出庫のためのデータ入力や、バーコードのスキャンなどは、工程も多く、時間がかかる作業です。
現在の技術では、IoTやAIの技術によって、時間がかかる作業の効率化も進んでいるため、以前よりも導入するための作業時間は短縮してきています。

まとめ

製造工程の効率化を測る上で、どうしても切り離せない製造実行システム。これから導入を検討している、導入することは決定しているがシステム選びに難航しているという企業の方は、ご紹介したような内容を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

システムを取り入れることによって管理側も楽になり、さらに利益や製造効率の向上を測ることができるので、できるだけ早めに導入して効率の低下や利益率の低下を防ぎましょう。

 

記事一覧

昨今、製造業においてMES(製造実行システム)というシステムが注目されているのをご存じでしょうか。MESを導入することで、商品の品質向上やコスト削減など、さまざまな利益を享受できます。本記事 ・・・[続きを読む]
MES(製造実行システム)は、製造業において生産性を高めるために欠かせないシステムです。しかし、ERP(統合基幹業務システム)との違いがいまいちよくわからない人も多いです。そこで本記事では、 ・・・[続きを読む]
MES(製造実行システム)は、現在多くの製造業の現場で活躍しています。しかし、MESを構成する機能を具体的に知らない人もいると思います。そこで本記事では、MESの構成機能や導入するメリットを ・・・[続きを読む]
MESとは、商品の生産プロセスを管理・調整するシステムのことを言います。しかし、名前だけは聞いたことがあっても、実際にどのような役割を果たすか知らない人も多いのではないでしょうか。そこで本記 ・・・[続きを読む]
製造業における生産進捗管理は、生産プロセスを緻密に把握し、効果的に最適化する手段です。この記事では、その重要性に焦点を当て、生産の円滑な進行や品質維持に寄与する要素を詳しく解説します。製造業 ・・・[続きを読む]
製造業は現代において、さまざまな課題に直面しています。人手不足、技術の進展、サプライチェーンの脆弱性など、この記事では製造業の現状と抱える課題に焦点を当て、これからの展望に向けた具体的な対策 ・・・[続きを読む]
製造実行システムの導入は、現代の製造業において効率向上と生産プロセスの最適化を実現します。リアルタイムなデータ収集や生産ラインの可視化を通じて、企業は生産活動を精密に管理でき、無駄を削減し競 ・・・[続きを読む]
生産管理は製造業において極めて重要なプロセスであり、企業の成功に大きな影響を与えます。この記事では、生産管理の基本から効率化方法、そしてMES(Manufacturing Execution ・・・[続きを読む]
MES(製造実行システム)は、製造業における効率化と生産性向上に貢献する重要なツールです。しかし、オンプレミス型とクラウド型のMESの間には重要な違いがあります。この記事では、それぞれの特徴 ・・・[続きを読む]
製造業における情報システムの中でも、MES(製造実行システム)とLIMS(実験室情報管理システムは特に注目される存在です。その違いを明確に理解することは、適切なシステム選定のために不可欠です ・・・[続きを読む]