製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)を導入する目的とは

公開日:2021/03/01

経験が頼りだった製造の現場に製造実行システム(MES)を導入するケースが増えてきています。企業によってその目的はそれぞれだとは思いますが、いろいろな制度への対応や業績などの要因が影響しているのはいうまでもありません。製造実行システム(MES)はいろいろな機能が含まれていて、期待する目的以上に便利なシステムです。

製造実行システム(MES)は何ができるのか

製造実行システム(MES)と一言でいっても、その中に含まれている機能は、多岐にわたります。たとえば作業のスケジューリングです。実施すべき順序を決めて指示することが可能です。製造に必要な資材や設備の配分と監視を行うことができます。人材の管理も含まれているので専門技能が必要な人の配置も可能です。プロセスや保全、保守のスケジューリングを行って、いつでも製造が継続できる状態を維持することが可能になります。

検査を行い品質が保たれているか、そのための仕様書や文書の管理も含まれています。作業者の配置も行うことができるので、人員不足や偏りなどが発生しないようにコントロールします。製品をトレースして工程の管理を行うことができるので、現在の状況を把握するのにとても便利です。蓄積されたデータから分析を行い、改善に役立てることもできます。そのためのデータの収集も便利な機能の一つです。一元管理されることで、比較や解析が容易に行なえます。

このように製造工程で行われることや利用される資源などを一括で管理し、効率よく利用できるように管理するための機能が備わっています。これらの機能を単独で利用することも可能ですが、他の基幹システムなどと連携して、企業活動を一貫して管理するために利用されることもあります。電子化を目的とする製造現場ではなくてはならないシステムといえます。

製造実行システム(MES)を導入するメリットとは?

製造実行システム(MES)を導入するときに気にすべきメリットには何があるでしょうか。最も重要な目的が効率化とコスト削減です。感覚や経験で運用される製造工程は、責任者の主観で判断されることが多く、実際には非効率なことがあります。一人の人間が全工程においてベストな状態であることを確認することは困難です。製造実行システム(MES)では、工程を見える化できるので状況の判断が容易で確実です。流れが滞っているところがわかれば、そのデータを分析して原因を究明までを短時間で行うことが効率化には欠かせません。

もう一つのメリットとして、トレーサビリティの確保ができることがあります。製造工程では複数のものが同時に流れていることがほとんどです。それぞれは現場の担当者が把握していますが、全体として遅れているところとか、不良が多い箇所などの確認は製造実行システム(MES)を使った方が確実です。製造後にも記録を確認すればどのように造られたかがすぐにわかります。

最後に情報の共有が進むこともよい効果が期待できます。それぞれの頭に入っていることは、他の人が利用できるわけがありませんが、このシステムに蓄積された情報はすべての人が利用可能です。実績や経験につながる重要なノウハウをすべての関係者で利用できれば、安定した品質を維持することが可能です。

製造実行システム(MES)の導入実績は?

製造実行システム(MES)を導入すると、結果的にどうなるのでしょうか。たとえばトラブルが発生したときなど、その対象となる製造の履歴を確認して、原因を明確にすることが可能です。いままではそれぞれの担当者に聞き込みをしなければわからなかったことが製造実行システム(MES)でトレースするだけで、使用された資材の入荷情報まで見ることができます。原因がわかって改善するまでの時間が短くなれば、それだけ無駄にするコストを減らすことが可能です。

コストの削減は、無駄の排除によって達成できます。作業の指示が的確になれば人員を最低限に減らすことができたり、必要以上の資材を持たないように入荷状況を管理すれば保管料を少なくすることが可能です。

在庫管理もバーコード管理にして入力ミスをなくすことで、製造以外の時間を減らすことができます。数え間違いもなくなるので安心です。

あらゆるデータを電子化できるのも、大きなメリットの一つです。紙ベースで扱われる情報は分析するために入力が必要になります。そのために時間をかけるのは、とても無駄なことです。入力ミスやデータの抜けなどによるトラブルは、分析を困難にする要因です。扱うデータをすべて電子化しておけば、そのままリアルタイムに確認できます。現場への負担も少なくなり、製造に集中できます。結果として効率の改善につながります。

 

製造実行システム(MES)は、製造の現場において人と人、ものとものをつなぐ役割を果たします。その部分が自動化され、電子化されることによって無駄がなくなり製造工程をスリム化できます。最適な環境の構築を目的とするなら導入を検討すべきです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく