製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造業界におけるIoT化とは?導入するメリットやポイントをご紹介!

公開日:2022/08/15

導入するメリットやポイント

最近よくメディアに取り上げられている言葉にIotがあります。IotとはInternetofThingsの略で、パソコンやスマホなどに限らず、すべてのモノをインターネットにつなげる仕組みや技術、サービスのことをいいます。製造業界にとってIot化とはどのようなことでしょうか。導入することでのメリットやポイントを紹介します。

製造業界でIoTを取り入れるメリット

現在では情報通信機器だけでなく、今までインターネットと接続していなかったものがインターネットでつながることが可能です。たとえば、スマート家電や自動運転車、産業用ロボットなど、いろいろな業界でlot技術が活用されていますが、製造業界でも大きな効果をもたらします。lot化することで、遠隔で物の動きや状態を監視でき、操作や通信をすることが可能ですが、とくに3つのポイントで大きな効果を発揮しています。

可視化することで生産性アップ

lot導入で、製造現場の設備や状況など、いろいろなデータを可視化できます。リアルタイムに状況を把握できるため、進捗管理を効率的に行い生産性の向上につながります。また、不具合も早期に発見できるため品質向上も期待できます。生産工程も見える化することで設備の稼働状況も見えるため、業務プロセス改善にもつながるのです。

コスト削減

製造現場で重要な工程のひとつに品質検査があります。これまで、製品の形状や構造、色など、いろいろな部分を検査員が目視でチェックしましたが、lot導入で、センサーで自動に感知できるうえに、AIの活用によってより高度な検査が可能です。このような品質検査によって、不良品を回収、再生産するコストの削減が見込めるうえに、ほかの作業にリソースをまわすことができます。

熟練に頼らない体制

製造現場では複雑な工程や数多くの機械の取り扱いによって高度なスキルが求められていました。人手不足での人材確保の問題に加えて、社員育成には長い時間を要することから、熟練の労働者に頼った体制が続いています。

lot化することにより、タブレット端末などによる電子マニュアルの配布や、遠隔操作での業務トレーニングなど、人材のレベルアップを効率的に行うことが可能です。経験の浅い社員なども、IoTを活用することで早い段階で作業をマスターでき、業務の標準化ができるため、効率的な体制がとれます。

製造業界でIoT化するための課題

いろいろな業界でlot化が進んでおり、製造業界でも例外ではありません。しかし、lot化するためにはいくつかの課題も存在しています。

導入コストの問題

とくに中小企業がなかなかlot化できない要因のひとつとにコスト面があります。lot化に対応するためには高額なコストがかかります。たとえば、データー収集や分析を行うのに、通信機器や機器に取り付けるセンサー、通信するためのLANケーブルなど、いろいろな設備が必要になるため、導入コストが高額になってしまうのです。

しかし、コストをおさえてできるサービスもあるため、しっかりと各社のサービスや費用を確認しましょう。また、lotの導入は国が力を入れているため、自治体による補助金などの支援をうまく活用しましょう。

セキュリティの問題

lot導入で検討の必要があるのがセキュリティの問題です。lotはネットワークにより、社内のあらゆる機器が外部とつながります。そのため外部の第三者からのアクセスによって製品情報や売上など、企業にとって大事な情報が漏洩してしまうリスクがあるため、万全のセキュリティ対策が必要です。ネットワークの運用をプロに任せることやしっかりとしたサポート体制を整えることなど、対応を考えましょう。

lot化の人材不足

製造業でlotを導入するには、製造業界に精通し、かつlotにも精通している人が欲しいところですが、人材的にも少なく、いたとしても一部の大企業に流れてしまっているため導入がしづらくなっています。そのため、導入部分は外注したり、導入までに社内で育成したり、lotに精通した人材がいなくても導入できるシステム活用などの対策が必要です。

経営層の理解不足

そもそもlot化するには、経営層の理解が不可欠です。lot化することによって現場レベルでの業務改善は行えたとしても、経営層の理解度合いが低ければ、さらなる活用が期待できません。そのためlot化することで何が解決できるのか、どういった活用できるのかといったlotの可能性をまずは理解しましょう。

製造業界でIoTを導入するときの流れ

lotを導入するの流れとしては次の4つがあります。

データ収集

まずはデータ収集がlot化の第一歩です。生産設備にカメラやセンサーデバイスを設置し、データ収集をします。遠隔地からでもデータ収集をすることが可能となり、機器の稼働状況や製品に関するデータが取得できます。

データ蓄積

データを収集できても、効率的に活用するためには蓄積方法が大事です。リアルタイムで収集できたとしても、手軽に閲覧できなければ意味がありません。そのためデータ蓄積にはクラウド環境で蓄積されるのが一般的ですが、機密性の高いデータが入っているため、セキュリティ対策を万全にしておきましょう。

データ可視化

収集し、蓄積したデータの中で、どのデータを可視化していくのか考えます。可視化していくのは目的によって異なります。たとえば不具合を検知するためには、生産設備の稼働状況に関するデータを可視化することで対応が可能です。

データ利活用

データを可視化することで、いろいろな問題点や課題を発見し、生産性の向上につながります。データを利活用しやすくするためには、見やすい画面など、インターフェイスなども大事です。

製造業界でIoTを活用するときのポイント

lotを導入し、最大限の効果を発揮するために覚えておいて欲しいポイントがあります。

意識づくりが大切

lotは、何だか専門的で難しいと感じる人も多いでしょう。まずは、苦手意識を持たないことが大切です。lotを活用することで、新たなビジネスチャンスも広がります。とくに製造業との相性もよく、製造業が抱える課題を解決し、業務の効率化を進めるうえでとても重要な役割を果たしてくれるものです。コスト面でも高額なものばかりではないので、先入観を持たずに検討しましょう。

自社の課題を見直す

lotを導入するだけでは、企業にとってプラスになるとは限りません。わざわざ導入しても、うまく効果が発揮できなければ、コストだけが発生してしまい会社にとってマイナスとなります。効果的に活用するために、自社にどのような課題があるのかを改めて見直し、lotを導入することによって何を解決していきたいのかを考えておきましょう。

全社員が利用できる体制

どんなに優れたシステムを導入しても使いこなせなければ意味がありません。しかも一部の人だけしか使えないといったシステムではなく、全社員が利用できる仕組み作りをしておくことが大切です。そのためのマニュアル作成やセミナーも含めた社員教育ができる体制をとりましょう。

まとめ

製造業界におけるlot化のメリットやポイントを紹介しました。lot化にはセキュリティの問題や意識改革などいくつかの課題がありますが、導入することによって会社にとって大きな利益をもたらしてくれます。より効果を発揮するためにも、今回の記事を活用してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく