製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造業の現状とは?抱えている課題と今後に向けた対策について解説

公開日:2024/02/15

工場

製造業は現代において、さまざまな課題に直面しています。人手不足、技術の進展、サプライチェーンの脆弱性など、この記事では製造業の現状と抱える課題に焦点を当て、これからの展望に向けた具体的な対策を解説。製造業に携わる方々や関心を寄せる方にとって、未来を見据えた重要な情報となるでしょう。

製造業の現状

新型コロナウイルス感染症が2020年に世界を襲い、その影響は日本の製造業にも大きな波紋を広げました。経済産業省製造産業局が示すところによれば、初めの半年では売上高が大きく低下し、2020年後半には回復の兆しは見られても、感染拡大前の水準には遠くおよんでいないのが実態です。

原材料とエネルギーコストの逆風

製造業は原材料やエネルギーコストの高騰に直面しています。世界情勢や円安の影響で、日本の企業は原材料の調達やエネルギーの確保に苦慮しているのです。とくに、海外からの輸入が多い企業はコストの増加を避けるのが難しい状況となっています。

サプライチェーンの難問

新型コロナウイルス感染症によるサプライチェーンの寸断は、製造業にとって大きな課題となりました。海外に拠点を持つ企業は、生産ラインの滞りや材料調達の不安定性に直面しています。サプライチェーンの正常な機能が回復するまでの道のりが、製造業の重要な焦点となっているのです。

環境変化への挑戦

製造業は環境変化にも挑戦しています。カーボンニュートラル宣言に基づく脱炭素化の要請が高まり、2020年度のデータによると、製造業のCO2排出は全体の24%を占めているのです。この課題に対処するため、企業は持続可能な製造プロセスの導入や環境への取り組みを強化しています。

製造業が抱えている課題

製造業は常に変化する環境に直面し、現代においても新たな課題に立ち向かっています。これらの課題に対処することが、業界の持続可能な発展に不可欠です。以下に、製造業が抱える主な課題とその打開策について考察します。

人手不足の深刻化

製造業は労働集約型であり、日本の少子高齢化が進むなか、人手不足が深刻な問題となっています。製造業界は新たな労働力を確保し、スキルを伝承する手段を模索する必要があるのです。教育機関との連携や働き方改革を進め、多様な人材を引きつける仕組みを整えることが求められています。

技術革新とデジタル化への適応の遅れ

製造業における技術の進化は速く、デジタルトランスフォーメーション(DX)が競争の鍵を握っています。しかし、適応が遅れる企業も多く、これが業績や生産性に悪影響を与えているのです。経営層はデジタル技術の理解を深め、積極的な投資と実装を行うことで、市場競争力の向上が期待できます。

グローバルサプライチェーンの脆弱性

新型コロナウイルスの影響から、製造業はグローバルサプライチェーンの脆弱性を痛感しました。地域に依存せず、柔軟かつ効率的なサプライチェーンの再構築が求められます。多岐にわたる供給源の確保やリスク管理の徹底が必要です。

持続可能性と環境への対応

環境問題の重要性が高まるなか、製造業は持続可能なプラクティスの導入が求められています。エネルギーの効率化や環境への負荷軽減は不可欠です。企業は環境への配慮を経営戦略に組み込み、CSR活動を通じて社会的な信頼を築かなくてはなりません。

今後に向けて製造業が取るべき対策

製造業は常に変化し続ける環境において、今後の展望に向けて戦略的な対策が求められています。とくに、製造実行システムの導入は、その中でも重要な一環です。これにより業務の効率化や生産性の向上が期待され、競争激化する市場での立ち位置が向上します。

製造実行システム(MES)の導入

製造業が直面する課題にはさまざまなものがありますが、その中でもとくに注目すべきなのが製造実行システムの導入です。製造実行システムは製造プロセスをリアルタイムでモニタリングし、効率的な生産計画の策定やリソースの最適な活用を可能にします。

生産計画の最適化

製造実行システムは製造ライン全体の生産情報を統合的に管理するため、生産計画の最適化が可能です。需要の変動や材料調達の影響を考慮し、リアルタイムのデータをもとに柔軟かつ効率的な計画の立案が行えます。これにより在庫の適正化や納期遵守が可能になるのです。

リアルタイムな品質管理

製造実行システムは製造プロセスにおける品質データをリアルタイムで収集・分析し、製品の品質管理を向上させます。異常が検知されると即座に対処できるため、不良品の発生を最小限に抑え、製品の品質向上に寄与します。これは顧客満足度向上にもつながります。

リソースの最適な活用

製造実行システムは設備や人員、材料などのリソースを最適に活用するための情報を提供します。製造ラインの稼働状況や生産性の向上ポイントを把握し、適切なアラートや通知を発信することで、即座の対応が可能です。これにより、生産の無駄を減少させ、コストの最適化を図ります。

データ駆動の意思決定

製造実行システムはデータを中心に据え、意思決定をサポートします。生産ライン全体の情報がリアルタイムで集約されるため、経営陣は迅速で的確な意思決定が可能です。これにより市場の変動にも柔軟に対応し、競争力を維持します。

まとめ

製造実行システムの導入は、今後の製造業において不可欠な一歩といえます。生産効率の向上や品質管理の向上だけでなく、データ駆動の意思決定により競争激化する市場での生き残りをかけた強力な武器となるでしょう。これからの時代に即した製造業の取り組みとして、製造実行システムの導入を真剣に検討することが重要です。

ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
製造実行システム(MES)コラム

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく