製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

OTとITの融合って何?MESの導入で期待できる効果とは

公開日:2022/04/15

OTとIT

製造業を営む企業は、製造現場である工場をスマート化する動きが進んでいるでしょう。工場にAIやIoTを導入し、デジタル技術を活用することで利益を拡大できるのです。そこで近年注目されているシステムにMESがあります。本記事ではMUEとは何か、導入するメリットは何かについて解説します。

MESの役割と普及率

近年では、工場のスマート化が進んでいます。ニュースやテレビなどで、工場でIoTの導入が進んでいるのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。工場をスマート化することで、製品が製造されるまでにかかる工数を減らしたり、人件費を削減したりする効果があります。つまり、工場のスマート化が進めば、企業は利益を確保しやすくなるのです。なお、近年導入が進んでいるシステムにMESがあります。

MESは「ManufacturingExecutionSystem」の頭文字をとった略語で、日本語で表現するなら「製造実行システム」となります。MESという言葉は聞き馴染みなないかもしれませんが、MESはモノづくりの指令塔として効率的に注文を実行できるようにするシステムです。MESを導入することで、工場内の製造工程をスムーズに管理できるようになり、在庫が足りない、品質が安定しないといった製造に関するトラブルが起こりにくくなるのです。

導入している企業は、世界的に有名な大手企業が多く、日本の普及率はまだまだ低いのが現状です。日本で製造業を営んでいる中小企業の中で、MESを導入しているのは約3割という調査結果があり、7割の企業は未導入となっているのです。しかし、製造業で生き残っているにはスマート化が重要になるのは事実のため、今後日本でもMESの導入が進むと予測されています。

導入により期待できるさまざまな効果

MESはモノづくりの指令塔として効率的に注文を実行できるようにするシステムであり、導入することでさまざまなメリットを得られます。まず、もっとも大きなメリットが製造にかかる時間と費用を減らせることでしょう。これまでの工場の製造過程では、注文が入ったら納期をチェックして生産計画を立てるのが基本でした。生産計画を立てるのに時間がかかる、情報がきちんと管理できておらず、生産計画が後々ずれるといったことは珍しくなかったでしょう。

しかし、MESを導入すれば、今ある在庫数や生産性などを一括で管理でき、もっとも効率的な生産計画をスムーズに立てられるのです。そのため、結果的に時間と費用の節約になります。さらに、幅広い情報の管理が一括でできるのもMESの導入メリットだといえます。工場の規模が大きくなければ、生産ラインを人が管理できます。

しかし、規模が大きくなるにつれて人だけで管理するのが困難になるでしょう。きちんと情報管理できていない生産ラインは、在庫の紛失や納期の遅延、品質の悪化を招きます。一方、MESは製造に関わるさまざまな情報をシステム上で管理できます。そのため、在庫の場所がわからなくなったり、生産計画がずれたりするリスクを軽減できるのです。

納期の遅延や生産体制のずさんさは、企業の信頼を損ねてしまうことにもなりかねません。企業の信頼を維持・確保するためにもMESが効果を発揮するといえます。さらに、生産体制を自動で管理できれば、これまで人が考えていた生産計画も不要になります。つまり、少ない人員でより多くの製造が可能になるのです。

OTとITの融合のきっかけにもなる?

OTとは、工場などで利用されている制御システムの総称です。一方、ITとは「InformationTechnology」の略称で、情報技術という意味です。OTは制御システムのため、工場が安全に可動するかどうかという点をコントロールするシステムです。具体的には機械の温度や圧力、流量などを適切に制御します。一方、ITは情報をスピーディ、かつ迅速に共有することを重要視しているシステムです。

たとえば、大量のデータから一つのデータを素早く取り出すなどがITです。従来の工場では、OTとITがそれぞれ別の働きを担っている状況で問題なかったのですが、スマート化が進む工場では、OTとITを融合させることが求められています。

異なるシステムを融合するのは容易なことではありませんが、その問題を解決するのにもMES使えると考えられています。OTとITのデータや情報をMESに集約し、共通化できるのです。情報が一括で管理できれば、異なる工場と納期を調整したり、工場間での在庫管理をしたりするのにも役立ちます。今後、ますますスマート化が必要になる製造業の現場において、MESは重要な役割を担うでしょう。

 

近年では、情報技術の開発が飛躍的に進み、製造業の現場もスマート化が求められています。MESというシステムは、製造業の現場を効率化させる便利なシステムであり、今後導入が拡大すると考えられています。MESを活用することで、システムを導入する費用がかかりますが、生産体制が整い、人が管理していたシステムを自動化できます。また、OTとITの融合のきっかけにもなる存在として注目されています。

ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく