製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システムの必要性とは?効率向上と生産プロセスの最適化

公開日:2024/01/15

システム

製造実行システムの導入は、現代の製造業において効率向上と生産プロセスの最適化を実現します。リアルタイムなデータ収集や生産ラインの可視化を通じて、企業は生産活動を精密に管理でき、無駄を削減し競争力を高めることが可能です。この記事では、製造実行システムの必要性について詳しく探っていきます。

製造実行システムの不可欠性

近年、製造業は激しい変化と進化を遂げ、多様なニーズに迅速に対応するためには効率的な生産プロセスが不可欠です。こうした中、製造実行システム(MES)の導入が企業にとってますます重要となっています。

リアルタイムな生産データの可視化

製造実行システムは、生産工程をリアルタイムで監視し、生産データを可視化する能力を有しています。これにより、企業は生産状況を把握しやすくなり、即座に問題や課題に対処することが可能となるのです。リアルタイムな情報は、迅速な意思決定と生産計画の最適化に貢献します。

生産効率向上と資源最適化

製造実行システムの導入により、生産プロセスが効率的に管理され、資源が最適に活用されます。生産資源の適切な配分と監視、作業スケジューリングの最適化により、無駄を削減し、生産効率を向上させられるのです。これにより、企業は競争力を強化し、市場の変化に柔軟かつ迅速に対応できるようになります。

品質管理と一貫性の向上

製造実行システムは品質管理を徹底し、製品の品質を一貫して高水準に維持します。仕様・文書管理や品質監視機能により、製品の生産プロセスが厳格に管理され、最終製品の品質向上が期待できるでしょう。これは顧客満足度向上に繋がり、企業の信頼性を高めます。

柔軟性と適応力の向上

市場の変化や顧客の多様な要求に迅速に対応するためには、柔軟性と適応力が求められます。製造実行システムの導入により、多品種少量生産にも対応しやすくなるのです。生産スケジューリングの最適化により、製品のラインナップ変更や新製品の導入がスムーズに行えます。

コスト削減と持続的な改善

製造実行システムは資源の最適化、無駄の削減を通じてコスト削減に貢献します。また、データ収集と実績分析により、持続的な改善を促進。効果的なメンテナンスや適切な生産計画により、製造業のコスト面での競争優位性を確立することが可能です。

製造実行システムが有する機能

製造実行システムは、製造工程の効率化と透明性向上を実現するため、さまざまな機能を有しています。こちらで詳しく解説しましょう。

生産資源の配分と監視

製造プロセスにおける資源の効率的な利用を実現し、設備や人材の状態をリアルタイムで監視することで、生産のスケジュール調整を円滑に行います。

仕様文書管理

作業に必要な仕様書や設計図、レシピなどの文書を電子的に管理し、作業者に正確で統一された情報を提供することで、ヒューマンエラーのリスクを低減します。

保守・保全管理

製造設備や装置の定期保全や予防保全スケジュールを策定し、機器の正常な運用を確保することで、生産の中断を最小限に抑えます。

品質管理

リアルタイムなデータ収集と分析により、製品品質を確保。生産プロセスにおける品質の一貫性を維持し、不良品の発生を抑制します。

作業のスケジューリング

生産計画に基づいて詳細なスケジュールを作成し、生産ラインを最適化。勤務シフトの作成にも対応して、作業者の適切な配置を実現します。

差立・製造指示

工程ごとの作業の最適な順序を決定し、作業者に的確な指示を出すことで、製造プロセスを効果的に調整します。

作業者管理

作業者の状況を監視し、最適な作業割り当てを行い、生産力を最大化。効率的な人員配置により、生産プロセスを円滑に遂行します。

製造実行システム導入するメリット

製造実行システムの導入には、生産プロセスにおける数々のメリットがあります。これらのメリットは、企業の競争力向上や効率改善につながるのです。以下は、製造実行システム導入による主なメリットです。

生産における無駄の削減

製造実行システムを導入することで、リアルタイムで作業状況や在庫を監視できるため、生産現場における無駄を削減できます。在庫の急激な変動にも柔軟に対応でき、効率的な生産計画を実現するのです。また、データの蓄積により機器のトラブルや異常を早期に発見し、不良品の発生を未然に防げます。

トレーサビリティの確保

製造実行システムは各工程の生産実績を把握し、設備、レシピ、部品、作業者などの情報をトレースできるため、製品やその部品、原材料の流通経路を明確に追跡できます。製品に関するトラブルが発生した際に、素早く原因を特定し対応できるほか、品質向上や安全性確保にもつながるのです。

技能の伝承

製造実行システムは必要な情報を蓄積し、作業に関する情報をシステム化できるため、熟練作業員のノウハウや技能を全体に共有できます。これにより、特定の個人に依存せずに業務を実行でき、業務の平準化が図られるのです。教育・訓練・研修にかかる時間も短縮され、人手不足に柔軟に対応できる状況が生まれます。

まとめ

製造実行システムは、生産プロセスの可視化と管理を通じて、効率向上と最適化を実現するために不可欠なツールです。機能面では、生産資源管理から品質管理まで包括的な機能を提供しています。導入により、各部門の連携強化や生産コスト削減、トレーサビリティ確保、技能伝承など、多岐にわたるメリットが得られるのです。企業は製造実行システムの導入を検討し、これらの恩恵を享受することで、競争力を強化できるでしょう。

 

ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
製造実行システム(MES)コラム

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく