製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

生産管理とは?製造業においての役割や効率化する方法を解説

公開日:2023/12/15

Production control

生産管理は製造業において極めて重要なプロセスであり、企業の成功に大きな影響を与えます。この記事では、生産管理の基本から効率化方法、そしてMES(Manufacturing Execution System)の導入による利点を解説。生産管理に興味をもつ方にとって、重要な情報を提供します。

生産管理とは?

生産管理は製造業において製品の生産計画から出荷までの管理全般のことです。このプロセスは、受発注管理、在庫管理、製造管理、進捗管理、品質管理など、幅広い業務を包括しています。

企業によっては、各業務ごとに担当者が存在し、生産能力の把握が不可欠です。

受発注管理

受発注管理は、顧客からの注文を受け付け発注を行う重要な業務です。顧客や資材調達の事情に合わせて柔軟な対応が求められます。

適切な受発注管理により、生産プロセスが円滑に進行し、顧客満足度を高められるのです。

品質管理

品質管理は、製品の品質を一定水準以上に維持するための業務です。品質基準を守ることが必要であり、社内規定に基づいて品質を確認し、必要な調整を行います。

品質管理が不充分な場合、不良品の発生やリコールのリスクが高まるのです。

在庫管理

在庫管理は、適切な在庫の維持と調達を担当します。在庫が不足すれば販売機会を逃し、過剰な在庫はコストを増やすことになるのです。適切な在庫管理により、資材調達の最適化が可能となります。

進捗管理

進捗管理は、生産活動の進行状況を把握し、納期を守るための業務です。生産計画に基づいて作業スケジュールを立案し、製造実績を記録します。進捗管理により、生産プロセスにおけるムダを削減できます。

製造管理

製造管理は、生産プロセス全体を管理し、製品の製造を効率的に行う業務です。工場の設備や仕掛品の状態を把握し、作業スケジュールの作成、製造実績の記録を行います。効果的な製造管理により、生産プロセスが最適化されます。

生産管理を効率化する方法

生産管理を効率化する方法は多岐にわたります。以下では、生産管理の効率化に役立ついくつかのアプローチを紹介しましょう。

MESの導入

MESは、製造工程を監視・管理し、作業者の支援を行い、生産効率の向上をサポートするシステムです。MESを導入することで、各部門とのスムーズな連携やノウハウの可視化が可能となります。また、仕様変更などが生じた際の伝達や作業者への展開など、間接工数の削減も期待できるでしょう。

品質管理の強化

製品の品質管理は非常に重要です。製品の測定データを集計して、品質を維持し、ヒトの管理も行うことが求められます。品質管理により、不良品の発生を未然に防ぐことが可能です。

スケジュール管理

生産作業のスケジュール管理は、清算計画にもとづいたスケジュールを作成し、シフト管理にも対応することができます。生産管理システムを活用することで、スケジュールの最適化が可能です。

生産管理にMESを導入するメリット

MESの導入は、生産管理を効率化し、多くの利点をもたらします。以下で、MESの導入によるメリットについて詳しく説明しましょう。

リアルタイムな連携

製造工程をリアルタイムで監視し、各部門との連携が可能となります。仕様変更などが生じた際にも、迅速な伝達と展開を実現できるのです。

これにより、生産プロセスの効率化が図れます。

マスタ情報の管理

MESを用いて、機械や設備のマスタ情報を効果的に管理できます。これにより、製造コストの削減に貢献するのです。

進捗状況やスケジューリングによって次の工程を予測することができ、業務内のムダの削減が可能となります。

不良品の予防

MESを活用することで、機器のトラブルや異常を発見し、不良品の発生を未然に防ぐことができます。トレーサビリティを実現し、製品の生産と消費までの過程を追跡することが可能です。

ノウハウとスキルの可視化

MESは必要な情報を蓄積することで、ノウハウやスキルの可視化が実現できます。作業を客観的な数値で表し、業務の平準化を図ります。

これにより、作業員全体の業務効率が向上し、特定の個人に依存しない業務が可能となります。

生産管理システムとMESの違い

生産管理システムとMESにはいくつかの違いがあります。生産管理システムは、納期や生産数などのデータを管理し、集計した情報から生産計画を立案するシステムです。

一方、MESは製造工程を監視・管理し、リアルタイムな連携を可能にするシステムです。

まとめ

生産管理は製造業において不可欠なプロセスであり、企業の成功には欠かせない要素です。生産管理は、製品の生産計画から出荷までの一連の業務を統括し、効率的に運用されることで生産プロセス全体がスムーズに進行し、競争力を維持することが可能となります。

そのため、生産管理の効率化は非常に重要です。とくにMESの導入は、生産管理の効率化に大きなメリットをもたらします。生産管理の重要性を認識し、効率的なプロセスの構築を目指しましょう。

MESの導入は、これらの目標を達成するための強力なツールとなるでしょう。

ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
製造実行システム(MES)コラム

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく