製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)に期待できる業務改善効果

公開日:2021/02/01

グローバル社会になり、品質がよいだけでなく安い製品を手に入れることが容易になった現代では、製造現場をスリム化し、生産性を上げることが利益に結びつきます。その点で期待されているのが、製造実行システム(MES)です。この記事では、製造実行システム(MES)を導入することで、どのような効果があるのかについて解説します。

製造にかかるコストを徹底的に削減できる

製造実行システム(MES)を導入するメリットの1つとされるのが、コスト削減ができることです。多くの製造現場では、製品を作るためにさまざまな工程があり、多種多様な原料や部品などが必要となります。製造実行システム(MES)を導入していない現場では、すべての工程の管理を人が行うことになり、作業ミスや思い違いなど、ヒューマンエラーが起こりがちです。材料の面でも時間の面でも、無駄が発生する恐れがあるでしょう。

その点、製造実行システム(MES)が導入されていれば、作業の状況や在庫がどれくらいなのかを可視化できます。そのため、人的・物的コストの無駄を把握し、素早い改善につなげられるという効果があるのです。さらに、人の経験や勘に頼る現場では、経験値不足の方が行う作業との差が出やすくなります。トラブルの例を挙げてみると、機器類が突然止まって、製造現場全体の操業に影響を及ぼしかねません。

また、機械の動作がおかしくなり、不良品を発生させるということも生じる可能性があります。しかし、経験が長い方であれば、どの程度で機器をメンテナンスすると深刻な影響を与えないかということがわかるものです。製造実行システム(MES)に今までの機器の使用状況などの情報を蓄積しておきましょう。事前に予防策を立てられ、機器のトラブルが起きる前に対処し、不良品を生み出す可能性をおさえることができます。

製造現場のトレーサビリティができることで問題を最小化

製造実行システム(MES)を導入すると、トレーサビリティを確実に行うことができるという効果があります。トレーサビリティが可能ということは、製品を作るまでに必要な部品や原材料を生産の段階までさかのぼって追跡できることを指します。さらにこれには、材料のみならず、設備や工程、作業者、製造・加工にかかった時間など製造する段階の環境も含まれるようです。

トレーサビリティが必要とされる要因は、消費者保護の観点からさまざまな法律が整備され、製造業を行う事業者にとって大きな問題となっていることが挙げられるでしょう。その法律の1つに、改正消費生活用製品安全法があります。この法律が施行されることにより、幅広い製品に対して、欠陥が判明した場合に無償で修理したり、交換・返品・改修したりする義務が生じました。

そのため、トレーサビリティを確立することで、どこで問題が起きているかをいち早く知ることができるのです。問題を解決するスピードが上がり、過度な批判を避けることにつながるでしょう。そして、トレーサビリティによって問題をピンポイントで把握できれば、特定の原材料や部品、製造工程などを使用しているものだけをリコール対象とでき、他の製品は通常通り出荷できるというメリットが生まれます。

また、トレーサビリティが確立されていれば、1つ1つの製造工程の弱点を知って改善につなげることができ、製造現場全体の生産性が高まるでしょう。

情報を共有しやすくなることで生産性が上がる効果

製造実行システム(MES)の効果を期待できるのが、データを共有する点です。これまでの製造現場では、情報を共有する手段として主に用いられてきたのが、紙やホワイトボードなどでした。紙ベースの手書きの指示書や記録を用いると、書き間違えなどのミスや、正確性に欠けたり古くなった指示に気がつかなかったりということが発生しがちです。

また、ホワイトボードを使用すると、書く側と見る側のタイムラグが生じ、正確な情報共有が難しくなるでしょう。しかし、製造実行システム(MES)では、他のシステムなどと連携し、入力作業の手間が省けるので、手書きによる書き間違えや確認し忘れなどを防ぐことができます。また、社内のシステムと連携することで、製造現場と管理部門や経営陣との情報共有もできるので、スピーディーな判断がしやすくなる効果があるでしょう。

情報を共有する面で近年重視されているのが、技術の継承です。熟練した技術者や作業員のノウハウを他の人材にもスムーズに伝え、製造現場全体の底上げを図ることで、よりよい製品づくりや環境整備を行っていけるかどうかが事業の存続に影響します。その点、製造実行システム(MES)があると、従来は熟練した人だけがもっていた情報やテクニックなど、文書化しにくいノウハウを共有することが可能になるのです。

 

製造実行システム(MES)は、製造工程や原材料・機器類などの状態を可視化することで、製造コストを削減できる効果があります。また、トレーサビリティを確立することでリコール問題を最小化し、それぞれの製造工程を改善する効果が期待できます。さらに、正確でリアルタイムな情報伝達ができ、文書化しにくい熟練技術者のノウハウを共有することもできるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく