製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

生産管理の業務を効率化するには?生産管理の課題など

公開日:2021/10/15


生産管理は製造業にとって、「頭脳」と呼んでもおかしくないでしょう。なぜなら生産管理は、製品を期限までに問題なく生産するための製造工程全般を管理します。それでは、「頭脳」とも呼べる生産管理を、効率よく行うにはどのような工夫が必要なのでしょう。生産管理の効率化や課題について、詳しく解説しましょう。

生産管理の業務フロー

生産管理は製造業において、最も重要な業務と位置づけられています。生産管理では、業務フローを的確に把握することがポイントです。業務フローをしっかりと理解することで、工程プロセス上での問題点を的確に抽出でき、正しい製造につながっていきます。

生産管理においては「1:受注管理・2:生産計画・3:生産指示・4:出庫指示・5:出荷管理」の5つのステップで、業務フローを捉えることができます。ここでは、これらの5ステップのフロー別に内容を解説します。

ステップ1:受注管理

受注管理は、生産管理の最初のフローとなります。顧客からの発注・見積もり作成・契約内容の確認・契約書の作成など、受注に関する業務を管理します。生産管理では情報管理を主な役割として担当するのですがその内容として、受注内容を把握して生産計画を立案し、次のステップに引き渡すことが情報管理の主な仕事内容となっています。

ステップ2:生産計画

生産計画を立案するには、受注した製品内容・数量・納期に基づき、それに見合った生産能力を把握しないとなりません。受注した製造に携わることができる従業員数と生産ラインなどを把握して、問題なく製造できる生産計画を立案する必要があるのです。各部門との調整を行いながら、失敗しない計画を立案するのは生産管理の仕事となります。

ステップ3:生産指示

生産計画どおりの製造ができるよう、的確な指示を出すことが生産指示となります。製造に必要な材料の調達や在庫確認、生産ラインに必要な従業員の確認と確保などの指示を出すこととなります。たとえば、生産ラインに5人の作業員が必要な場合で、急病で1名欠勤になれば補充しなければなりません。その補充指示を行うのも生産指示となります。

ステップ4:出庫指示

出庫指示書を作成して、出庫担当部門に指示を出せば完了します。カンタンな作業だと思われがちですが、繁忙期には細心の注意が必要です。多くのロットを製造し、複数の顧客に出庫する場合は、受注管理に基づく受注数を確実に出庫する必要があります。当たり前ですが、出庫指示書に出庫数を間違えて記載してしまうと、大きなミスとなります。単純でカンタンな作業ほど慎重に行う必要があるので、出庫指示は重要な業務となるのです。

ステップ5:出荷管理

出荷管理は、顧客に製品が届くまでを管理します。時には届いた後も管理が必要になる場合があります。製品を出荷した日時、配送は自社なのか委託なのか、配送ルートは正しいか、配送時の製品の積み荷状態など、さまざまな情報を管理します。もしも顧客から、約束の時間に届いていないと連絡が入れば、配送ルートを確認し直ちにドライバーと連絡をとり、顧客に連絡しなければなりません。届いた後も、製品へのクレームがあれば自社に原因があるのか、そうでないのか調査をする必要がありますので、出荷管理も重要な仕事です。

生産管理の課題

先に解説した生産管理における5つの業務フローは、製造業にとって重要な業務ばかりです。しかし、これらの業務をこなすには生産管理に長く従事していて、ポイントを押さえることができないと、辛い業務内容となってしまいます。その結果、必要な業務フローを行うことなく製造が進んでいくケースも少なくありません。このことは、生産管理においての課題となっているのです。

生産方法が異なれば、生産管理の業務フローも異なってくる

生産管理の業務フローは、一様ではありません。「見込み生産」で製造を行う際には、「これくらいは受注がくるだろうから、先に作っておこう」と予測して製造を行い、製品を在庫として管理する必要があります。

一方で「受注生産」は、顧客から発注を受けた数量だけ製造するので、在庫が発生しません。このように、生産方法が異なれば生産管理の業務フローも異なってくるので、担当者が慣れていないと正確な業務フローを実行できません。生産管理部門でのOJTなどによる社員教育の拡充など、対策が必要となるでしょう。

人的ミス

先の出庫管理で解説している通り、多忙になってくると指示書に誤りを記載して、間違った指示を出してしまう可能性が高くなってきます。人間が行う作業では、必ずミスがある前提でダブルチェック、トリプルチェックを行うシステムが導入されています。

しかし、いずれも人間の目視などで行われるので100%とはいえません。直ぐに修正できるミスであれば幸いですが、出荷数を間違えたりするミスになると大きな問題になってしまいます。いかに人的ミスをなくすことができるかが重要になってきます。

生産管理を効率化するには

ここまで生産管理の業務フロー、課題について解説してきました。業務フローも生産管理の担当者が間違わずに行えることが望まれますし、人的ミスをいかになくせるかが重要な課題となっています。これらの問題が解決すれば、生産管理は飛躍的に効率化できるでしょう。

「生産管理システム」の導入が効率化のカギになる

生産管理業務の課題をいかに解決するのか、いくら社内でOJTを繰り返しても、トリプルチェックを増やしても、人的ミスは100%なくなりません。ということは、効率化が進まない結果に終わってしまいます。そこで、期待されるのが「生産管理システム」の導入なのです。

「生産管理システム」を利用すれば、必要な業務フローも直ぐに把握できますし、なによりも「やるべき仕事」がハッキリわかるので、スムーズな作業を行うことができます。受注管理から出荷管理まで情報を共有して行い、すべての業務にて正しい指示を行うことも可能となってくるでしょう。万一のトラブルも、すべての工程を直ぐに確認できるので、迅速な対応が可能となり顧客離れを防ぐこともできます。「生産管理システム」を導入することで、生産管理の効率は飛躍的にアップします。

 

生産管理は製造業にとって「頭脳」です。指示命令を間違えれば、会社にとって大きな損失を招く可能性もあります。しかし、人間が行う作業にミスは付きものなので、いかにミスをなくすかは重要な課題となっているのです。その課題を解決してくれるのが、「生産管理システム」です。確実な製造を行うだけでなく、会社の信頼を守ってくれるシステムでもあります。そんな頼もしい「生産管理システム」の導入を検討中なら、開発会社に相談することをおススメします。より詳しいメリットを教えてもらえるので、ぜひ相談してみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく