製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)と製造オペレーション管理(MOM)の違い

公開日:2021/03/15

製造業界では、顧客ニーズの多様化への対応や技術者などノウハウを継承するための人材不足、製造から販売までの全工程「サプライチェーン」の分断に対する課題があります。これらの状況に伴い製造過程や労働者、製品の品質などに関わる管理を以前にも増して強化する必要があるのですが、そのためのシステムを紹介しましょう。

製造実行システム(MES)について

製造実行システム(MES)とは、各製造工程を把握して管理したり従業員に指示を出したりできるシステムのことです。各製造工程とリンクできるので、作業手順を確認したり入出荷、品質管理をできます。

たとえば、不良な製品がどれだけ出たかということを知るにあたり、各工程で不良品が出るために紙などにチェックをしてそれをまとめて報告していた工場などでも、製造実行システム(MES)を導入することで製造実行システムと連携するパソコンやタブレットなどにその都度タップをするだけで、その情報がすぐに反映されリアルタイムで把握でき日々の情報をデータ化して管理をできるのです。

また従業員に知らせなければいけない情報など、それまでは紙で資料を作って渡していたところ、製造実行システム(MES)を導入することで紙の資料を作成しなくても、皆がモニターを見ながらリアルタイムな情報を共有できるというメリットもあります。

かつては大量生産が盛んに行われていましたが、近年ではニーズの多様化により同じものをたくさん作るのではなく多種多様なものを少しずつ製造するという形に変わってきています。それらを管理するためにも製造実行システム(MES)を導入すれば、それぞれの部署や行程と連携ができるので製造過程や品質などをリアルタイムで管理でき、データを残していくことによって今後の技術の継承にも役立つのです。

製造オペレーション管理(MOM)について

製造オペレーション管理(MOM)は、製造実行システム(MES)をさらに進化させたもので、製造実行システム(MES)の中の製造現場を管理するものを製造オペレーション管理(MOM)ということがあります。すべての生産過程をデジタル化して見える状態にして統合し、生産のパフォーマンスをさらに高めていくためのシステムです。

詳細な計画とスケジューリング・製造実行システム・パフォーマンスの分析、資産やコンプライアンスなどさまざまな種類があり、製造オペレーション管理(MOM)を導入することで市場の変化や社会のルールを覆すまでの「破壊的イノベーション」にも素早く対応ができるようになります。

生産過程を詳しく見ることができるので、無駄な作業を見つけて効率よく業務ができるように支援をしたり、作業分析や作業手順などを動画付きのマニュアルなどで従業員に見せることで、技術やノウハウなどを継承してもらいやすくなります。そのためこのようなシステムを導入すると生産効率が上がったり、その時のニーズに対応できる計画が立てやすかったりするというメリットがあります。

製造オペレーション管理(MOM)を導入するには、スケジューリングやパフォーマンスの分析・コンプライアンスなど、それぞれに特化したソフトウエアがあるので、自社に必要な分だけ導入するという方法で活用をできます

製造実行システム(MES)とMOMの違い

製造実行システム(MES)も製造オペレーション管理(MOM)もどちらも製造業において各工程のことをリアルタイムで把握できるシステムですが、その中の生産過程に特化して管理できるシステムが製造オペレーション管理(MOM)で、製造実行システム(MES)より綿密にスケジュールを立てたり作業分析を行ったりできるソフトウエアです。

入出荷や品質管理なども重要ですが、各製造過程において従業員がどのように作業をしているのか、どのように機械が作動をしているのか、どのような製品が作られたのかなどということをリアルタイムに把握して管理することで、作業に対する指示やサポートを行うことができます。

つまり製造実行システム(MES)の中でも、各工程でもっと細かく可視化し分析できるのが製造オペレーション管理(MOM)といえます。多種多様な製品を少しずつ製造しなければいけない時代になりましたが、それぞれの製品に合わせて設備を入れたり場所を変えたりすることは困難で、もともとある機械や設備を使って多種多様な製品を作らなければいけません。

そしてその一つ一つを何度も見て回ったり報告を受けてその都度紙に記録をしておくことも容易ではないので、これらのシステムを導入することによって、誰が見てもわかるようにしたり記録をデータ化して保存できるようにすることで、技術者不足や変動する多様なニーズに対応していくことができるのです。

 

かつてのように大量生産ではなく多様なニーズに応えることや技術者の不足、技術やノウハウを細かく伝えていくことは製造業にとっての課題となっています。そこでこれらのシステムを導入することによって、すべての工程で作業の様子や製造状況などをリアルタイムで把握できるうえデータ化して残しておけば、技術者不足にも対応でき従業員自らの提案をすることも可能になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく