製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)を導入しないことのデメリット

公開日:2021/08/15


製造現場で起きるヒューマンエラーや作業時間のロスをなくし、コストを下げたいと考えている企業担当者もいることでしょう。しかし、いざ製造実行システム(MES)を導入しようと思っても、仕組みが難しく、調べるのも時間がかかってしまいます。そこでこの記事では、製造実行システム(MES)についてわかりやすく説明するため、参考にしてください。

製造現場でミスやロスが発生する

製造実行システム(MES)を導入しないデメリットは、製造現場でミスやロスが生じてしまうことです。たとえばシステムを導入しておらず、手書きの紙資料、手順書、検査記録を運用していると、ヒューマンエラーによる不正確さが発生するでしょう。また、人による手書きの資料作成にかかる時間のロス、用紙へのコストがかかりロスが生じます。

さらに製造実行システムを導入しないと、現場で作業員を集めて情報共有するまでにタイムラグが生じるため、効率的ではありません。また、システムなしで現場を動かしていると、作業員の経験則に頼って業務をこなしがちです。その結果ミスに気づけず設備が停止し、原材料が無駄になることがあります。

それに加えて、製造実行システムを導入していないと、問題が起こったとき、原因究明までに時間がかかってしまうでしょう。人の手で原因を探ろうとすると、過去に作成した大量の書類を調べることになり、人手と時間がかかります。エラーの原因がすぐにわからないと、顧客からのクレームにつながるケースもあるため、注意が必要となるでしょう。

もし製造実行システムを導入していれば、過去の事例から改善点を見つけることが可能です。しかし人による情報管理では、問題の情報をリアルタイムで共有できません。製造現場における見過ごしがちな改善点は、小さな積み重ねがやがて大きな問題として現れるのです。

製造実行システム(MES)を導入すると解決できること

製造実行システム「MES」は、現場の製造設備からデータを自動で収集し、リアルタイムで情報共有できるシステムです。それでは、製造実行システムを導入すると、どのようなことが解決できるのでしょうか?

ここでは、製造装置を導入することで解決できる6つの例を紹介します。

収集データから電子化により作業軽と精度が向上する

文書をデータとして電子化することで、作業が軽減されます。その結果として、ミスが軽減され業務の精度が向上するでしょう。また業務が効率化するため、製造コストの削減を見込めます。

離れた場所でもデータを共有できる

製造実行システムを導入すれば、製造現場に限らず、離れた作業場所、事務所で同じデータを確認できるようになります。製造装置から収集されたリアルタイムで正確なデータが摘出できるため、管理者や経営陣は的確な意志決定が可能です。結果として、企業の成長にもつながるでしょう。

基幹システムと連動で工数削減になる

製造システムを基幹システムと連携することで、さらに工数を削減できます。単独でシステムを動かすよりも連動させた方が、データを見るときでもすぐに情報を取り出せるでしょう。

製造現場の今の状態を知り、無駄を削減できる

現場内の製造設備ラインから得られるデータをもとに情報を把握することで、リアルタイムで製造設備の稼働・非稼働の状況把握が容易になります。設備の無駄な動作、不具合を発見しやすくなり、不具合の発生を未然に防げるのです。さらに、エラー解析にかかる時間の無駄を削減できるでしょう。

迅速な課題改善ができる

製造装置から自動収集されたデータを基に作業員が判断することで正確な改善点を抽出でき、短い期間で迅速な課題の改善につながります。

ペーパーレスで紙・データ集計・遅延にかかるコストを削減できる

ペーパーレス化により紙資源を削減するだけでなく、情報の集計にかかる時間を飛躍的に改善します。また、エラー発生時に自動でデータを集計することで、データを基に不具合対応が早くなりコスト管理に貢献できるでしょう。

製造実行システム(MES)の特徴

製造実行システム(MES)は、製造現場の設備ラインからデータを自動で収集し、データを基にリアルタイムで社内共有するシステムです。データにより製造効率の見える化を行い、改善点の早期発見、情報共有化により伸び代を発見するツールとなります。

システムから得られるデータは正確で確度が高く、問題の早期発見や分析を論理的に行えるのです。同じ共通のデータを管理することで、作業現場、管理者の異なる目線で確認できます。現場担当者の解釈での情報ではなく、管理側、経営陣の共通認識を持つことで、的確な意思決定が可能となるでしょう。運用期間が長くなるほど価値のあるデータが蓄積され、質の高い対策や改善のサイクルが見込めるのが特徴です。

 

製造実行システムを導入することで、製造現場でのミスやロスの発生を最小限に抑えられます。コスト管理や製造現場の効率化という点において、製造実行システムはとても役に立つツールです。製造現場では製造実行システムを導入し、生産性の向上に役立ててください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく