製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

MESを構成する11の機能を紹介!詳しく知ってMESを有効活用しよう

公開日:2024/05/15


MES(製造実行システム)は、現在多くの製造業の現場で活躍しています。しかし、MESを構成する機能を具体的に知らない人もいると思います。そこで本記事では、MESの構成機能や導入するメリットを深掘りして紹介します。MESの機能を詳しく知ることで、より有効活用できるようになりましょう。

MESを構成する11の機能とは

MESは、製造業において生産プロセスを効率化し、管理するための重要なシステムです。その機能は11つに分類されます。順番に見ていきましょう。

生産資源の配分・監視機能

生産資源の配分・監視機能では、製造に必要な設備や工具、人材などの資源を事前に準備し、正しく配分されているかを監視します。

使用・文書管理機能

仕様・文書管理機能では、製造に必要な図面や作業指示書の作成や管理を行い、製造記録を整理します。

作業スケジューリング機能

作業スケジューリング機能では、上位層で策定した生産計画をもとに詳細な生産スケジュールを立案し、生産プロセスを調整します。

差立・製造指示機能

差立・製造指示機能では、作業者に対して指示を行い、製造指示や仕様変更、仕掛品の管理などの情報を共有します。

作業者管理機能

作業者管理機能では、作業者の状況や負荷を把握し、最適な割り当てを行い、リアルタイムで情報を共有します。

プロセス管理機能

プロセス管理機能では、生産工程の状況を把握し、異常発生時の対応を支援するためのアラートなどを提供します。

データ収集・取得機能

データ収集・取得機能では、各工程の進捗状況や作業履歴などの情報を収集し、最適な人員配置などの分析を行います。

製品追跡・体系管理機能

製品追跡・体系管理機能では、仕掛品の進捗確認や製造履歴の管理を行い、後工程のスケジューリングに役立てることができます。

実績分析機能

実績分析機能では、不良発生を含む実績データから比較や分析を行い、進捗管理や出荷予測を行います。

品質管理機能

品質管理機能では、製品の品質管理を実施し、検査業務の管理に利用します。

保守・保全管理機能

保守・保全管理機能では、設備などの定期メンテナンスや予防保全を管理し、設備の停止や不良の防止につなげる。

これらの機能はすべてが揃っている必要はなく、企業の製造現場やニーズに合わせて柔軟に構築されるべきです。自社に必要な機能を明確に定義し、それに基づいてMESを構築することが重要になります。

MESを導入するメリット

MESの導入には、製造業に様々なメリットがあります。

まず、自社のリソースをムダなく活用できる点が挙げられます。MESを導入することで、生産設備や作業者の空き状況をリアルタイムに把握し、最適な形で作業割り当てを行うことが可能となります。

また、アナログな管理方法からの脱却も促進され、作業者の負担が軽減され、生産効率が向上します。

次に、ものづくりのQCD(品質・コスト・納期)向上に貢献します。MESを活用することで製造現場に関するデータを収集・分析し、生産設備のトラブルや異常を早期に発見し、不良品の発生を未然に防ぐことができます。

また、リアルタイムな情報をもとにムダのないスケジュールを組み、コスト削減や納期の短縮を実現します。

さらに、技能継承の課題を解決できる点も重要です。MESによって製造現場での作業に関するデータが集約され、熟練技術者のスキルやノウハウを共有することが可能となります。これにより、若手人材の育成や技能の継承がスムーズに行われ、ものづくりの質の向上が期待されます。

また、多品種少量生産に対応できる点も重要です。MESを活用することで、複雑な生産計画を効率的に管理し、製造業は市場の変化に柔軟に対応できるようになります。

最後に、部門間連携がスムーズに行える点も挙げられます。MESは生産プロセス全体を統合的に管理し、情報をリアルタイムで共有することができるため、部門間の連携が円滑化され、組織全体の効率性と生産性が向上します。

以上のように、MESの導入は製造業にとって様々なメリットをもたらします。

MESが導入されていない・されている現場の違い

MESが導入されていない生産現場では、様々な問題が発生します。

まず、手書きの指示書や日報、検査記録を運用することになり、情報の共有や管理が非効率になります。これにより、人為的なミスが発生しやすく、作業進捗が滞る可能性が高まります。また、紙の指示書などは管理が煩雑で、過去の記録の検索が困難です。さらに、ERPへの実績入力が手動で行われるため、ミスの発生や効率の低下も懸念されます。

また、設備のメンテナンス管理が不十分である場合、故障が起きた際に生産がストップするリスクが高まります。設備の故障による生産停止は、予期しないほど長期にわたることもあり、時間や資源のロスが大きくなります。さらに、設備機器のデータが十分に管理されていない場合、不良品や製造ライン停止の原因究明に時間がかかる可能性があります。

一方、MESが導入されている生産現場では、様々なメリットが享受されます。MESを活用することで、リアルタイムな情報共有や生産状況の監視が可能となります。生産計画の最適化や効率化、設備の保全管理などが行われ、生産性や品質の向上につながります。

また、データによる分析や異常検知により、問題の早期発見や迅速な対応が可能となります。これにより、顧客満足度の向上や企業の競争力強化につながります。

結果として、MESの導入は製造現場の効率性や生産性を向上させ、競争力を強化する重要な要素となります。生産現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)においても欠かせない取り組みであり、積極的な導入が求められます。

まとめ

MES(製造実行システム)は、製造業において生産プロセスを効率化し、管理するための重要なシステムです。MESを構成する11の機能は、生産資源の配分・監視から品質管理まで幅広く、企業のニーズに合わせて柔軟に構築されます。MESの導入により、生産現場ではリアルタイムな情報共有や効率的な生産計画が可能となり、競争力の強化につながります。

一方、MESが導入されていない現場では、手書きの指示書や日報を使用することで情報共有が非効率化し、生産停止などのリスクが高まります。結果として、MESの導入は製造業にとって不可欠であり、積極的な導入が求められます。

ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく