製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

生産管理システム・ERP・製造実行システム(MES)どれを導入したらいい?

公開日:2021/11/15


製造業がこれからの厳しい時代を乗り越えるためには、既存の生産管理に頼るのでなく、生産性が確実に高くなるシステムを導入する必要があります。しかし、生産管理システムや製造実行システム、ERPなど複数のシステムが存在します。どのシステムを導入すればよいのか、各システムについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

各種システムが製造業に必要な理由

生産に関連する各種システムは、これからの製造業にとって欠かすことのできないツールとなって行くでしょう。その理由の一つに、製造拠点の多様化が挙げられます。現在日本国内の多くの製造業は、主要な製造工場を海外に移しています。激しい市場での低価格競争に勝ち残るには、人件費の安い海外に頼るしか方法がないからです。

複数の製造拠点を管理するにはシステムが必須

製造拠点が複数になれば、手作業での生産管理は当然ムリとなります。複数の製造拠点を管理するには、生産に特化した生産システムや工程管理を行うMESと呼ばれる製造実行システム、基幹システムとなるERPなどの各種システムが必要となるのです。

生産管理システム・ERP・MESの違い

生産管理システム・ERP・MESの各種システムは、それぞれで特徴が異なっています。生産管理システムは、受注から出庫までの各業務を管理できて、在庫の管理もできるシステムです。MESは製造における生産の工程管理ができるシステムで、統合基幹業務システムであるERPは、製造業における人材や資産を管理して、経営の効率化を図るシステムです。それぞれの特徴を、次で解説しましょう。

生産管理システムの特徴

生産管理に必要な、受注管理・生産計画・生産指示・出庫指示・出荷管理などの業務を管理して、効率のよい生産性を実現させるためのシステムです。このシステムを利用することで、人的ミスをなくし効率のよい生産性を求めることが可能となります。

ERPの特徴

ERPは統合基幹業務システムと呼ばれるシステムで、製造業で利用する際には製造業に特化したERPシステムを導入する必要があります。製造業における人材や資金を一元管理できて、経営の効率化を図ることのできるシステムとなっています。生産管理システムを含んだシステムも存在するので、導入する時は既存のシステムが無駄にならないよう注意する必要があります。

MESの特徴

MESは製造実行システムと呼ばれるシステムで、製造工程のサポートを行う目的で利用されます。MESにはモノを管理する機能として「生産資源の配分と監視・仕様及び文書管理・保守及び保全管理・品質管理」の4つの機能を有しています。

また、人の管理を行う機能としては、「作業スケジューリング・作業手配及び製造指示・作業者管理」の3つの機能があり、全体を管理する機能には「データ収集・プロセス管理・製品追跡と生産体系管理・実績分析」の4つの機能があり、全部で11の機能を有しているのです。作業工程を細かく管理することで、無駄を省きコスト削減を実現する特徴があります。

製造業に各種システムを導入するメリット

製造業に各種システムを導入すれば、大きなメリットをもたらせてくれるでしょう。ただし、規模に応じた投資を行わないと本末転倒にもなりかねないので、導入には充分な検討が必要といえるのです。しかし、導入することで、生産の効率が格段にアップし、コスト削減も行えば利益を上げることは難しいことではなくなってきます。そう考えると、各種システムを導入するメリットは大きいといってよいでしょう。

複数の製造拠点の生産を一元管理できる

システムを導入すれば、複数の製造拠点で行っている生産業務を一元管理できます。ビニール傘の製造を例にしてみましょう。傘に貼るビニールの部分はA工場で製造し、傘の骨になる部分はB工場で、柄の部分と本体をCの工場で製造し、最終の組立をDの工場で行っているとします。A・B・C各工場をバラバラで管理していた場合、それぞれでの工程も製品もいずれの問題がなかったとしても、数量が異なると最終的にD工場では予定数の傘を仕上げることができなくなります。

システムで一元管理していれば、A・B工場は問題なくてもC工場での出荷の違いに気づくので、直ぐに指示を出して、同数の製品をD工場に集めることができます。複数の工場を一元管理するには、システムなくして行うことは不可能といってよいでしょう。

過剰在庫をなくしてコスト削減できる

在庫の把握は製品が1種類だけであれば、人的処理でも問題ないかも知れません。しかし、複数の種類の在庫を人間だけで管理するのは難しくなってきます。過剰在庫が起きればそれだけキャッシュフローも悪くなって、経営に大きく影響してきます。システムを利用することで過剰在庫をなくし、さらにはコスト削減も実現できるので、システムを導入するメリットは大きいといえるのです。

 

生産管理システム・統合基幹業務システム(ERP)・製造実行システム(MES)の各種システムの導入は、製造業には必要不可欠であるといっても過言ではありません。しかし、ただ導入すれば直ぐに成果を上げてくれるものでもありません。各個別の製造業にマッチしたシステムの導入を行うことが重要になってくるのです。導入の際には、それぞれのシステムの開発会社に相談することをおススメします。専門家のアドバイスを受けつつ、生産効率がアップするシステムの導入を目指してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく