製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)と生産管理システムの違い

公開日:2021/02/01

生産工場では、取り扱っている製品に対してどれだけの需要が見込めるのかをしっかりと管理しなくてはいけません。需要と供給のバランスを保つことが、円滑な経営につながるといえるでしょう。それを可能とするのが生産管理システムであり、さらに2000年以降に導入された製造実行システム(MES)もあるので、ここで2つの違いを紹介します。

生産管理システムとはどのようなもの?

日本で各生産ラインがオートメーション化されたのは、1980年代以降です。それ以前は各工場のラインに製造スタッフが立ち、各パーツの取り付けから検品・生産管理などを担ってきました。しかし、各種生産はすべて自動ロボットが担当できる環境が80年代に整い、大幅な人員削減を可能にしたほどです。

人間の目で生産管理が行われないことになりましたが、新たにコンピューター制御となった生産管理システムが導入されるに至りました。このシステムは1970年代にアメリカやイギリスなどの諸国で既に確立されており、当初は食品工場に採用されたものです。1日に製造する品目を1つずつ入力でき、上限に達したら自動で操業を停止できます。この生産管理システムを導入したことで、需要と供給のバランスをとることができ、廃棄処分を大幅に減らせるというメリットと、需要に応えられるという両方のよさを実感することが可能となりました

日本では、現在でも大半の製造工場で生産管理システムが導入されていて、とくに食品を取り扱う工場では約200品目以上もの膨大な製品の生産管理をこのシステムが担っているところもあるようです。各ラインと直結したシステムとなっていますが、生産管理システムだけを取り替えることも可能で、さまざまな業種でも利用できるのが特徴となっています。現代の産業界にはなくてはならない地位を確立したといえるでしょう。

製造実行システム(MES)が可能にしていることとは

生産管理システムのほかに、各種工場では「製造実行システム(MES)」も導入されています。これは2000年以降に日本で開発されたもので、従来の生産管理システムと異なるのは、製造実行システム(MES)が可能としていることが、操業ロボットに製造を実行させる司令塔という点でしょう。

生産管理システムの場合は、各ラインで生産される製品の個数管理となっていて、需要と供給のバランスを見定めるという役割がありました。ところが製造実行システム(MES)の場合は、製造をする、しないという実行メニューとなっているのが違いとなっているのです。

2000年以降、インターネット回線を駆使したICTが普及しています。以前であれば高度成長期ほどではないものの、人間が各ラインの管理を直接目で見て行っていました。しかし、現在では工場に人員を配置せず、完全なオートメーションを実現している施設が過半数を占めているとされています。これは製造実行システム(MES)のおかげともいえ、本部から全国各地に点在している工場や自動操業ロボットの製造実行の指令を送ることが可能です。

生産管理システムと製造実行システム(MES)は一対とも考えられるもので、どちらも現代の生産工場の要を担っています。製造実行システム(MES)は自動車や食品、アパレルなど、商品を大量生産している業界で使用されており、今後も欠かすことができない存在となるでしょう。

製造実行システム(MES)を活用している方の口コミ

2020年12月時点で、全国計16万件もの生産工場で製造実行システム(MES)を導入しています。2000年初頭では1000件程度しかありませんでしたが、現代では中小規模の施設でも導入していて、システムの存在が一般的になっていることがわかるでしょう。インターネットで「製造実行システム(MES)・口コミ」と検索をすると、実際に活用している方の評判を目にできました。その大半が好意的なものとなっており、ここで一例を見ていきましょう。

「遠隔操作で操業指示が出せる」「生産管理と直結できて便利」「経営方針を見直せた」というものです。製造実行システム(MES)は、操業ラインとオンラインでつながったICTシステムとされています。ターミナルの役割を担っているパソコンで簡単に指示を送ることができ、現地に足を運ぶ必要がありません。その点を評価している方が多いようです。

製造実行システム(MES)は、生産管理システムとリンクさせることも可能です。1日から1週間分の生産量と操業を管理できるため、円滑な運用につながることでしょう。また稼動させるラインと停止をさせるところを見極めることもでき、余剰供給を減らせるのもポイントです。経営の立て直しに活用している方もいるようです。アイデア次第ではさらなる活用法を見つけることもできるのが、製造実行システム(MES)といえます。

 

以上、製造実行システム(MES)と生産管理システムの概要と違いについて見ていきました。どちらもオートメーション化がなされた生産現場には必須なシステムです。2つは異なった機能を有していますが、基本は同時に利用するものになっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく