製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造業が人手不足に陥っている理由とは?人材確保の方法をご紹介!

公開日:2022/10/15

現在製造業界では、深刻な人手不足で困っている企業が多いです。なぜ業界全体で人手不足が起こってしまっているのかご存じですか?本記事では、製造業界が人手不足に陥ってしまっている理由を紹介します。人材を確保するための方法についても解説しているので、人手不足で困っている方はぜひ参考にしてください。

製造業界の現状

製造業界では、現在深刻な人手不足に悩まされている企業が多いです。人手不足を実感している企業は業界全体で94%もいるというアンケート結果が出ており、ほとんどの企業で人手不足が起こってしまっています。本記事では、なぜ人手不足に陥っているのか、人手不足解消のためにはどうしていけばよいのかを詳しく紹介します。人手不足で困っている方はぜひ参考にしてください。

製造業が人手不足に陥っている理由

製造業が人手不足に陥っている理由としては、日本の労働人口の減少、マイナスイメージの定着、後継者不足による技術継承の失敗などの理由が考えられます。下記からは、それぞれについて詳しく解説します。人手不足で困っている方はぜひ参考にしてください。

労働人口の減少

人手不足に陥っている理由1つ目は、日本の労働人口の減少です。日本は昔に比べ子どもが減り高齢化が進んでいるため、製造業界に限らずそもそもの労働人口が減ってしまっています。製造業界でも人手不足が深刻化していますが、ほかの業界でも人手不足に陥っているところは少なくないため、業界全体が人手不足になっている原因は必ずしも製造業界が悪いとは言い切ることができません。

日本の少子高齢化は今もとどまる予兆はなく、今後も深刻化していくと考えられています。今後もほか業界と労働者の取り合いになることは明白なため、DX化などによるそもそもの業務量の削減や安定した人材確保の方法を確立することが急務となっています。

マイナスイメージ

人手不足に陥っている理由2つ目は、マイナスイメージの定着です。昔から製造業界には、きつい・危険・汚いという3つのマイナス要素をまとめて3Kと表現されていたほどほか業種の方からマイナスイメージを持たれていました。マイナスイメージは今も広く定着しており、職の多様化が進んだ今、若い世代の方から避けられるようになってしまいました。

業界全体のマイナスイメージをなくすことは難しいかもしれませんが、一人ひとりが改善していこうと考えなければこのままマイナスイメージはなくなりません。今製造業界にはマイナスイメージを改善していくことが求められています。

後継者不足による技術継承の失敗

人手不足に陥っている理由3つ目は、後継者不足による技術継承の失敗です。製造業界には高度な技術を求められる業務が多いですが、人手不足で技術を継承していく後継者が見つからないため、すでに技術を身に付けた方がほかの人に業務を任せることができず人手不足と感じるような激務を任されてしまっています。技術を継承していくことは簡単ではないかもしれませんが、より多くの方が技術を継承していけるよう万全に引継ぎ環境を作っていくことが大切です。

製造業で人材を確保する方法

製造業で人材を確保する方法は複数あります。下記からは具体的な人材を確保するための方法を紹介します。すでに人手不足を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

負のイメージの払拭

現状製造業界全体には、負のイメージが定着してしまっています。負のイメージも人手不足を招いている原因の一つになっているため、一人ひとりが3Kのイメージを払拭できるように努力していくことが重要です。負のイメージを払拭できたら、自ずとこれまで以上に人材が確保できることが見込めます。

待遇の改善

そもそもの従業員の待遇をよくする余裕があるのであれば、待遇を改善する方法もおすすめです。仮に負のイメージを改善できなかったとしても、待遇を改善できれば、これまで以上にたくさんの入社希望者が集まることが期待できます。従業員の給料を少し上げるだけでも大きな効果が期待できるため、余裕がある方は待遇の改善を検討してみましょう。

外国人材の活用

まだ外国人材の活用をしていないのであれば、外国人材の活用を考えることもおすすめです。外国人材は技能実習制度を利用することで雇用できます。なお、技能実習制度による外国人材の利用には、対象の職種があらかじめ決められているため、注意が必要です。

DX導入による業務の効率化

さまざまな方法を利用したとしても日本全体で少子高齢化が進んでいる今、人材を確保することは難しいのが現状です。そもそもの人材を確保することが難しい場合には、人材の確保に尽力するよりも製造実行システムなどを導入することによってDX化を進め、業務量を減らすことがおすすめです。

製造実行システムは工場の機械と労働者を監視、管理できるシステムで、知識がないと導入が難しいと思われがちですが、最近では簡単に導入することもできるようになってきました。さまざまな目的の機能が備わっており、希望に合わせて活用していけるため、コストをかけずに大幅な業務の効率化を期待できます。

まとめ

本記事では、製造業界が人手不足に陥っている理由について紹介しました。製造業界では現在業界全体で人手不足に陥っています。今後も労働人口の減少により人手不足が深刻化していくことはすでに明白なため、すぐにでも人手不足解消のために動き始めることが求められています。

製造実行システムの導入などでDX化を行うことができれば、新しい人材を確保できなくても人手不足を解消することが可能です。人手不足で悩んでいる方は、製造実行システムの導入を前向きに検討してみましょう。本記事が人手不足で困っている製造業界の方の役に立てれば幸いです。

ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく