製造実行システム(MES)を提供している業者を5社徹底比較しました。口コミや評判も合わせて紹介しています。

製造実行システム(MES)とERPの違い

公開日:2021/03/01

企業における管理ツールとして有名なのが製造実行システム(MES)とERPです。効率化が求められる現在の経営方針から考えると、導入することを検討した方がよいでしょう。この2つのシステムは似ているようで、まったく異なったものになります。それぞれの違いを理解して、最大限の効率化を実施できるようしなければいけません。

ERPはどのようなシステムか?

ERPは企業資産計画の英語の頭文字を取ったもので、企業活動に欠かせない経営資源や情報を一元管理するためのシステムです。効率的な経営に欠かせないことから、統合基幹業務システムとして考えられることもあります。

経営資源として考えられるのは、人材や設備、資金と情報です。これらを個々に管理することは無駄が多くなり非効率です。ERPではそれら資源の情報を一括管理することで、効率的に運用できる計画を立案することにあります。

ばらばらに存在する情報から計画を考えるのは、かなりの時間を必要とします。重複している部分が把握できず、結果的に無駄なコストや時間を消費するリスクが避けられません。ERPを利用することで、それぞれの資源のつながりが明確になります。資材の調達から最終的に顧客に商品が届くまでがプロセスとして計画できるので、必要な資材の調達から人材の配置などがわかります。

一つのシステムに考えられていますが、機能によって区別すると複数に分けることが可能です。ERPに含まれる管理機能には財務や在庫、プロジェクトや人事、顧客情報や営業支援などが考えられます。つまりバックオフィスと呼ばれるサポート部門の管理が一括で行うことがわかります。そして他のシステムとの連携が可能で、製造実行システム(MES)と一緒に利用することが可能です。

製造実行システム(MES)とは?

製造実行システム(MES)は製造工程を可視化して、製造効率を高めることができるシステムです。製造現場ではさまざまなものや人が関わり、タイミングや充足度によって効率に大きく影響してしまいます。それぞれが最もよい条件で関係性を保つことは奇跡であり、本来はしっかりと管理する必要があります。だからといって管理者が隅々まで支持をすることも現実的ではありません。それをサポートできるのが製造実行システム(MES)です。作業員がムダの少ない作業を行えるように、指示を出すことやそれに合わせて資材が運び込まれるように運搬の管理や資材調達の次期の調整などを行います。

必要なチェックがもれなく実施されるようにして、結果を管理し、不良率も管理できます。製造実行システム(MES)を使えば、設備のメンテナンス計画も製造スケジュールに影響をできるだけ与えないように調整することが可能です。また複数の工程が存在するような現場でも、それぞれの効率が最大限に発揮できるように調整できます。

現場では俯瞰することが難しい工程の全体の関連性も可視化によって明確になります。改善のための変更も実施前に確認できるので、現場の負担を最小限に留めることができます。このように製造実行システム(MES)を使うことで、製造全体を可視化して、最も無駄のない工程の構築や改善が可能になります

製造実行システム(MES)とERPの違いは?

製造実行システム(MES)とERPはどちらも業務の効率化のために利用されるシステムということから、同じものだと思われることがあります。実際にははっきりとした違いがあるので、理解しておかなければ使いこなすことができません。

ERPが、現場での作業の前に利用されるシステムです。製造の現場で働く人の管理や設備投資の計画、必要となる商品の数量などを考えるために利用されます。製造実行システム(MES)はERPで立案された計画に従って、製造を行う現場の管理に特化しています。そのため製造行為をしない企業にとっては、製造実行システム(MES)は不要かもしれません。

製造実行システム(MES)は、製造現場に特化した効率化ツールです。より現場に近いシステムで、実際に動く人のために用意されたからだと思われます。ERPが企業の経営者のサポートだとしたら、製造実行システム(MES)は製造所の管理者のサポートを行います。両者は直接関係することはありますが、完全に分離しているといえます。

順番としてはERPが終わった段階からMESが始まります。そしてMESがあとにもう一度ERPに戻って、営業などの管理につなげることになります。製造現場がいくつかあるようなら製造実行システム(MES)は複数存在することになりますが、ERPは一つしか存在しないはずです。

 

製造実行システム(MES)もERPも管理ツールとして注目を集めています。どちらも業務を効率化することができるため、同じものだと思われがちですが、はっきりとした違いがあることがわかりました。人の感覚だけでは、無駄を完全になくすことはできませんが、新しい世代によってさらに進化していくことが予想されます。複数のシステムが連携できるようになれば、さらに便利になるだけでなく業務を効率化させられるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【MES】おすすめの製造実行システムランキング

商品画像1
2
3
4
5
システム・製品名IB-MesMESソリューションCIMVisionPharms/PIM-Aid /CIMVisionLIBRA /eFact
IFS Applications for MES
MICS7
会社名株式会社ユニフェイス三菱電機エンジニアリング横河電機株式会社NECムラテック
特徴製造現場から生まれたMESパッケージ製品エンジニアが現場に密着幅広い業種に対応するMESを提供様々な生産形態に対応現場端末機 LITを活用
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく